Samsung Galaxy Note 9のレビュー、マイナーアップデートで市場で最も優れたAndroid搭載端末に

0
255

Samsung Galaxy Note 9はいくつかの段階的な反復アップデートを行い、今年、最も優れたAndroidデバイスになりました。今回、気になるSamsung Galaxy Note 9をハードウェアからソフトウェアまで簡単なレビューを掲載します。



ハードウェア

Samsung Galaxy Note 9は、市場に出ているすべてのメーカーがべセルレスでノッチを使用したデザインを採用している中、試行錯誤されたノッチを使わないデザインを使用しています。サムスンは、ベゼルを減らして画面のサイズを大きくしようとする試みで常に試行錯誤を繰り返し、洗練されたデザインを提供しています。

サイドベゼルはスリムで、メタルフレームにつながるガラスは以前のモデルよりやや柔らかい感じがします。それがプラセボ効果である可能性は高いものの、持った感覚はしっかりしており、ディスプレイも頑丈だと感じられます。これは、プライム内部を包む2枚のガラスからなせる技です。

Galaxy Note 8では、SIMカードトレイは外側のベゼルと同じ高さになく問題が多く発生しました。しかし、Galaxy Note 8モデルでは問題ではないようです。ベゼルの丸みがなく、よりフラットなので、以前のモデルよりもボクシーに感じられます。ただし、ケースがない場合でも、グリップのため少し余分な表面積があ理ます。

画面は0.1インチ大きくなりますが、目立ったデザイン変更ではありません。6.4インチのフットプリントでは、1440pでほぼ標準の18.5:9のアスペクト比になっており、ピクセル密度は516ppiです。

スクリーンの湾曲したガラスの端も、このモデルではあまり顕著な変更がないように思われます。直射日光の下でのピーク輝度はNote 8sパネルより27%高くなっています。太陽の下でYouTubeビデオ閲覧も綺麗に見ることができます。

問題があるとしたら、このモデルでは、Galaxy Note 8で批判をうけていた指紋スキャナの場所が変更されています。これはデュアルカメラモジュールの下に移動しました。

ヘッドホンポートは今回も存在しており、古い標準をまだ維持し続けているまれなデバイスの1つと言えます。サムスンがそれを永遠にサポートするとは思っていませんが、他のメーカーが廃止してきている中、なるべく維持して欲しい仕様の一つです。

Sペン

Sペンは、ノート製品とギャラクシーS製品の間の唯一の差別化要因になっています。これまで、これらのデバイスは非常に異なる市場セクターをターゲットとしていました。昨年、S Penのレパートリーに少々の追加があったが、大きな仕様チェンジではありませんでした。今回のSペンは、カメラを制御したり、演奏する音楽を管理する能力などがあり、色々なシーンでSペンを使用できるようになっています。

内部的には、SペンはGalaxy Note9から30フィートまで離れた場所まで接続できるBluetooth内蔵機能を備えています。このスタイラスの側面にあるボタンは、カメラのシャッターを制御するようにプログラムすることができます。写真を撮り、フレームに入る場合や、アプリ自体を開いて制御したい場合に最適です。将来のアップデートで特定のアクションが必要な場合、開発者は必要に応じてアプリにサポートを追加できます。これは、専門的な使用にノートデバイスを使用したい人にとっては魅力的なものとなります。

Galaxy S9はもともと、ステレオスピーカーで貧弱な音の問題がありました。Galaxy Note 9は、イヤホンとダウンスピーカーの組み合わせを加えて、より良いオーディオを実現しています。

また、ソフトウェアにDolby Atmos機能が含まれているますが、デフォルトでは無効になっています。オーディオニュアンスを調整して、ヘッドホンや新しいステレオスピーカーを使用して、オーディオ体験が向上すると機能するようになります。

ソフトウェア

Snapdragon 845 CPUまたはExynos 9810は、ハードウェアのリフレッシュごとにデバイスの記憶域とRAMが増加する仕様になっており、全体的なOSの肥大化が少なくなっています。Galaxy Note 8は、全体的なOSの肥大化が原因でアプリのクラッシュが多発するもんだ街をかかえていましたが、Galaxy Note 9では解消されている感じがします。

Note 9に、Android Pieが標準装備されていないのが残念ですが、代わりにAndroid Oreo 8.1があらかじめ搭載されています。Android Oreo 8.1は非常に滑らかに動きます。アプリはほぼ瞬時に読み込まれ、動きに遅延はほとんど感じません。

カメラ

ノート8と同様のデュアル12メガピクセルのカメラが搭載されています。カメラは上下ではなく横に並んでいます。以前のノート8のように、広角レンズと望遠レンズがあり、広角レンズはS9 +にあるf / 1.5 – f / 2.4のデュアルf / 2.4レンズを含んでいます。アップフロントは8メガピクセルのセンサーとアイリススキャナーで、クイックアンロックに対応しています。これは古いモデルよりもやや速いです。

ハードウェアはかなり予測が早くなっており、簡単に写真を撮るために追加されたソフトウェアの変更がいくつかあります。サムスンはAI技術をカメラの処理に追加しました。

シーンオプティマイザーはSamsungがカメラアプリにAIを追加したシステムで、このシステムは、20のプリセットされたシーン、雪から街路、動物と人、食品から混合照明のシナリオまでを自動的に判別することができると言われています。個人的にはあまり結果の違いを見るのは難しいような気がします。特に、露出、絞り、ISO設定を気にせずに写真を撮るのに最適なオートモードがありますが、あまり以前との違いは感じません。

バッテリー

4000mAhの容量を持つGalaxy Note 9は、以前の欠点を克服しています。一日中利用可能なバッテリー寿命を豪語しており、Galaxy Note 9は実現できているように思われます。

サムスンのスマートフォンにはQuickCharge 3.0がまだ搭載されておらず、バッテリーを完全に充電するのは少し時間がかかります。、付属の充電機でフル充電には約1時間40分かかります。