新しい特許出願で 判明したGalaxy Note 9は、iPhone Xとそっくり?

0
433

Galaxy Note 9が大きくなると予測されていますが、Note 8とくらべて異なるサイズになるかは1番の関心ごとです。毎年の更新で、劇的な設計変更はあまり一般的ではないようだが、サムスンはGalaxy Note 9の全体的なデザインを改良して、ほぼすべての画面をディスプレイにする予定かもしれません。



Galaxy Note 9は、よりベセルレスなディスプレイ

Let’sGoDigitalによって発見されたSamsungの特許内容によると、2018年3月にiPhone Xの設計をおおく真似たデバイスが承認されています。この電話機には、明確なノッチ(切り込み)があり、指紋センサーはありません。サムスンはFace IDと同じ安全な顔認証システムをまだ完成させていませんが、このスマートフォンでは、顔のバイオメトリクスを使用して認証するか、ディスプレイ内のセンサーを使って認証するモカはまだ不明です。

iPhone Xとの違いがあるとしたら、このSamsungデバイスには、スピーカーの近くにヘッドホンジャックがあるように見えます。これはは、ほとんどのメーカーが3mmヘッドフォンジャックから遠ざかるかっている最中、時代に逆行したものとなります。

iPhone XのようなデザインのGalaxy Note 9が有用候補ですが、サムスンは今年より大きなデザイン変更を計画しているかもしれない。驚くべきことに、サムスンモバイルの社長であるコ(Koh)氏は、2018年のノート型スマートフォンは、様々な技術的ハードルを克服することができれば、折畳み式のデザインになるかもしれないと語っています。サムスンの折り畳み式携帯電話は、しばしば「プロジェクトバレー」や「ギャラクシーX」と呼ばれ、Galaxy Note 9とは別のデバイスとみなされていました。

この声明が発表されて以来、折りたたみ可能なNote 9に関する噂は出ていません。指紋センサーと同様に、2018年のスマートフォンとしては保留になっているかもしれません。 The Bellの別のレポートによると、Note 9には6.3インチのOLED画面があり、Galaxy Note 8と同じサイズになると言われています。しかし、最新の噂では、Note 9の画面が前のものより少し大くなるだけだとの意見もあります。 Twitterのリークによると、Note 9には6.4インチのディスプレイが搭載されていると報道されている 。このニュースは、スマートフォンニュースで知られる中国のフォーラムWeiboからのものだといいます。