Mac用Chrome 66をリリース、保存パスワードのエクスポートとメディアの自動再生の制限機能

0
145

iOS版Chromeのリリースに続いて、Mac向けにChrome 66が、ユーザー向けの機能やポリシーの変更をいくつか追加しリリースされています。これには、新しいメディア自動再生機能、パスワードのエクスポート機能、およびその他のセキュリティの変更が含まれます。



Mac用Chrome 66

1月のバージョン64では、ユーザーはサイトごとに音声をミュートすることができ、再生のユーザー体験を統一させることができました。 Googleは、Chrome 66で、メディアを自動的に再生するかどうかを制御する新しいポリシーを追加しています。

デスクトップ版Chomeでは、ユーザーは、頻繁にメディアを再生した場合に設定で自動再生を選択できるようになります。
「パスワードの管理」では、保存されたパスコードのリストの直前に「パスワードのエクスポート」オプションが表示さるようになり、パスワードをダウンロードできるようになります。ダウンロードされた.csvファイルが平文のため扱いに注意が必要です。

セキュリティ面では、企業が業界のセキュリティ基準を遵守しなかった後、Chrome 66はシマンテックの証明書の信頼を削除します。また、昨年9月に発表された新しいDigiCert認証局に移行していないサイトにアクセスしたときに警告が表示されます。

さらに、このバージョンには、Specter CPUの脆弱性に対するもう1つの緩和手法が含まれています。サイト分離を有効にすると、異なるWebサイトのページが異なるプロセスで実行され、各プロセスが他のサイトからの特定の種類の機密データを受信できなくなります。

Googleは、このバージョンで「小範囲のトライアル」を実施しており、より広範囲のリリースに向けて準備を進めています。