iPhoneとApple Watch間で、機内モードとおやすみモードの同期をオフにする方法

0
166

デフォルトのApple Watch設定は、Apple WatchとiPhoneの間の設定を同期しています。しかし、これが常にベストは処理ではない事もあります。機内モードとおやすみモードの同期をオフにする方法をご紹介します。

Apple WatchとiPhoneの同期設定がオンになっていると、たとえば、飛行機に乗って機内モードをオンにした場合、デフォルトでは、いずれかのデバイスから有効にすると、両方のデバイスの機能がオンになります。しかし、それを元に戻すには、個々に設定またはコントロールセンターに行く必要があります。



iPhoneとApple Watch間で、機内モードとおやすみモードの同期をオフにする方法

  1. iPhoneでWatchアプリを開く
  2. 下にスワイプして[一般]をタップします
  3. 「機内モード」をタップし、「iPhoneを反映」の横にある切り替えをタップして機能をオフにします
  4. 「一般」に戻って、「おやすみモード」をタップします
  5. 機能をオフにするには、「iPhoneを反映」の横のトグルをタップしてオフにします