iFixitは、iOS 11.3のタッチスクリーン問題は、単にソフトウェアのバグだと推測

0
185

先週、iPhone 8、iPhone 8、iPhone Xのディスプレイの修理した場合に、明るさとトーンの自動調整機能の問題や3D Touchが動かないなどの問題が多く発生し、ネットで炎上していました。

iPhoneの解体分析で有名な、iFixitは、これらの問題は、ディスプレイ修理の際のハードウェアの問題ではなく、主にソフトウェアの問題であると推測しています。



iOS 11.3のタッチスクリーン問題は、単にソフトウェアのバグ?

このような問題が発生した時、Appleは意図的に非公認の修理手段を無効にしようとしているのではと憶測が飛びかいました。 2年前、エラー53のバグはiPhoneの非公認の修理でのホームボタンが動かなくなる問題を発生させていましたが、昨年も非公認のタッチスクリーン修正問題がiPhone 7ユーザーに影響を及ぼしていました

こ2つの問題では、アップルがソフトウェアの更新を行い、問題の箇所の修正を行なっております。 iFixitによると、iOS 11.3の問題もソフトウェアの更新で修正されるとみています。

iFixitによれば、まず第一に、バッテリの健康状態に関する問題が確認したようですが、ソフトウェアのアップデートによって既存のバッテリ問題を修正す対応が行われるかは不明とみています

私たちは、iOS 11.3のバッテリ通信に関する問題を特定しました。近い将来、バッテリヘルス機能をフルに活用できるバッテリを提供できるようになるのではと予測しています。

タッチスクリーンの問題に関しては、iFixitによれば、DIYオプションがないので、古いディスプレイで遡及的に問題を修正することができるといいます。

新しいディスプレイで修正されているファームウェアフラッシュで古いバージョンのディスプレイで遡及修正することもできます(残念なことにDIYオプションがないため、このソリューションは今のところ理想的ではありません)。

最後に、iFixitは、明るさとトトーンの自動調整問題は、起動時に何らかのハードウェアチェックが失敗しているのではみています。

興味深いのは、ディスプレイをホットスワップすると(推奨されていませんが、テスト目的で行ったことです)、センサーは正常に動作し続けますが、再起動するとすぐに無効になります。起動時に失敗している証拠です。

Appleは、これらのようなケースでサードパーティの部品を無効にすることはありませんが、アフターマーケットバッテリーに注意したいと考えていはずです。また、アップデートをリリースする前にすべての非公認な部品をテストすることができないということです。修正版ソフトウェアが出たからといって全てが治る保証はないかもしれません。