AirMacベースステーションをリセットする方法

0
183


AppleはAirPort製品ライン廃止すると発表しました。AirPortの利用は今後少なくなっていくかもしれません。今回は、AirMacをお使いの方へ、AirMacベースステーションのリセット方法についてご紹介します。



AirMacベースステーションをリセットする方法

ソフトリセット

使える3つのリセット "モード"があります。 1つはソフトリセットです。ソフトリセットを行うと、ベースステーションのパスワードがリセットされ、セキュリティが無効になります。すべての設定を保存しておきながらパスワードを忘れた場合は、この方法を使用してください。

  1. AirMacが何らかの形で電源に接続されていることを確認してください。
  2. リセットボタンを1秒間押します。ステータスLEDがオレンジ色に点滅します。
  3. Macでは、メニューバーに移動し、Wi-Fiアイコンをクリックし、AirMacによって作成されたWi-Fiネットワークに接続します。
  4. ⌘+ Spaceを押してSpotlightを開き、「AirMacユーティリティ」を入力します。
  5. AirMacユーティリティのアプリからAirMacベースステーションをクリックし、「編集」をクリックします。

これでAirMacの新しいパスワードを変更して設定できるようになります。



ハードリセット

次に、ハードリセットについて説明します。このリセットモードでは、AirMacベースステーションは工場出荷時の設定にリセットされますが、古い設定はすべて保持されます。ソフトウェア関連の問題がある場合は、これを行うことをお勧めします。

  1. AirMacが何らかの形で電源に接続されていることを確認してください。
  2. リセットボタンを5秒間押します。ステータスLEDがオレンジ色に点滅します。
  3. Macでは、メニューバーに移動し、Wi-Fiアイコンをクリックし、AirMacによって作成されたWi-Fiネットワークに接続します。
  4. ⌘+ Spaceを押してSpotlightを開き、「AirMacユーティリティ」を入力します。
  5. AirMacユーティリティのアプリからAirMacベースステーションをクリックし、「編集」をクリックします。
  6. [その他のオプション]ボタンをクリックし、[以前の設定に戻す]をクリックします。
  7. この時点から、最後のウィンドウが表示されるまで次へをクリックし続けます。
  8. AirMacユーティリティが完了したら、完了をクリックします。

工場出荷時の状態にするリセット

最後に、工場出荷時の状態にするリセットについて説明します。このオプションは、AirMacの販売や交換を希望する場合にのみ使用してください。このオプションを使用すると、AirPortを完全に消去して工場出荷時の設定に戻すことができます。

  1. 電源から切り離してください。
  2. AirMacの電源が切断されている間にリセットボタンを押したまま、リセットボタンを6秒間押し続けながらベースステーションのプラグを差し込みます。
  3. ベースステーションが急速に琥珀色に点滅しています。

AirMacが再起動するまで数分待ってください。
再起動すると、AirMacがリセットされます。