FCCは、iPhone Xゴールド版の写真をうかつにも流出?

0
136

FCCは、手違いでiPhone Xゴールド版の写真を公開してしまったようだ。昨年9月の日付で、4月初めに公開されたこれらの写真は、写っているiPhone Xが明らかに未発表のゴールド仕上げであることを示しています。

プロトタイプのデバイスには、ゴールドカラーのステンレススチール製フレームと軽量のゴールドカラーのガラスバックがあり、iPhone 8に見られるゴールドカラーの色合いと一致するように思われます。



iPhone Xゴールド版の写真

デバイスのエッジはゴールドカラーで、背面のカラーは少しゴールドかかった白色に見えます。

写真の注釈には「LCDディスプレイ」の記載がありますが、これはiPhone XのOLEDパネルと少し違っています。それ以外は、あらゆる部分でiPhone Xに似ていますが、iPhone Xでみたことのないカラーです。

写真のiPhone Xには、デバイスの背面にあるロゴで示されているように、ヨーロッパのマーキングが付いています。写真は、今月初めに公開されたばかりの文書ですが、掲載されている日付は、2017年の9月か10月になっている。ドキュメントによれば、このiPhone Xには ‘A1903’モデル識別子があり、現在のiPhone Xモデルには識別子 ‘A1865’、 ‘A1901’、および ‘A1902’になっています。

当時のサプライチェーンの報告によると、アップルはiPhone Xゴールド版を発売する予定だったが、アップルは目標の販売数に達していないため、リリースが遅れていると言います。