Appleの最新データによると、アプリ内購入がこれまで以上に成功している結果が

0
77

今週のSensor Towerからの新しいレポートによると、スマートフォンユーザーと開発者の中で、アプリ内課金のサービスが、引き続き人気があることがうかがえます。この分析会社のレポートによると、2017年は、iPhoneユーザーが前年よりも23%多く、アプリ内課金を利用しているといいます。



iOSは、アプリ内購入がこれまで以上に成功

Sensor Towerのインテリジェンスデータによると、「アクティブなiPhoneあたりの平均使用額」は、2016年の47ドルに対し、昨年は58ドルと過去最高を記録した。その58ドルのうち、ゲーム分野は約36ドルで寄与し、エンターテインメント、音楽、ライフスタイル分野と貢献の割合がつづいていると言います。

これらの数字には、Netflixや、アプリでの定期購読など、Appleのファーストパーティのアプリ内購入システムを通じて購入されたものも含まれます。 しかし、このレポートにはUberやAmazonなどのアプリ内購入でも、物販の課金は含まれていない。

また、Sensor Towerのデータによると、iPhone, iPad端末1台あたりのダウンロード件数は10%増加し、その数は45個に増加しています。 米国の iPhoneユーザーは、2017年に平均で4つの新しいアプリをインストールしていると言います。

興味深いことに、写真系とビデオ系アプリのインストール数は前年比で10%減少し、ゲームは7%増えています。

ゲーム分野は、デバイスごとに13アプリ、インストールされており、最大のダウンロード分野となっています。ゲーム分野は2016年の12.3台から前年比で7%増加しています。昨年の米国で最もダウンロードされたカテゴリのうち、エンターテイメントは、デバイスあたり2.9%から平均3.1%に増加し、ユーティリティはデバイスあたり2.3%から2.4%に増加しています。

ソーシャルネットワーキングは、デバイスあたり2.9回のインストールで変わらず、iPhoneあたりのフォト&ビデオアプリのインストール数は、4本のインストールから3.6本に前年比10%減少した。