MacOS 10.13.4で、32ビットのアプリ警告が登場!

0
191

アップルは、昨日からMacOS 10.13.4ユーザーに向けて、新しい32ビットアプリ警告を配信開始しました。この警告は、現在のMacOSバージョンを実行中に、ユーザーが32ビットアプリを起動すると、アプリごとに初回1回だけ表示されるものです。



MacOS 10.13.4で、32ビットのアプリ警告が登場!

ダイアログボックスは 'OK'ボタンで閉じることができ、ユーザーは 'Learn More …'をクリックしてmacOS High Sierraと32ビットアプリケーションの互換性に関する、新しく公開された説明ドキュメントにアクセスできます。

Appleは6月に開発者に、現在のHigh Sierraアップデート後、macOSの今後のアップデートで、32ビットのアプリを今後排除し、64ビットアプリのみの対応になることをコメントしていました。

MacOS 10.13.4の新しい警告ダイアログが公開され、Appleは今後、いつかの機能で、64ビットアプリの要件についてもユーザーに知らせる予定です。