Geekbenchのベンチマークより、28WのIntel CPUを搭載した新しいMacBook Proが発覚!

0
209

Geekbenchのスコアは比較的簡単に加工できるため、信憑性は低いかもしれませんが、Geekbenchのベンチマークにより、次世代MacBook Proが明らかになってきています。



Geekbenchのベンチマークより、28WのIntel CPUを搭載した新しいMacBook Proが発覚!

新しいMacBookPro15モデルには、Intel Core i7-8559U Coffee Lake CPUが搭載されています。このCPUは最大28Wで稼働します。まだ製品には搭載されていないため、AppleのMacBook Proの最新のアップデート版と思われます。クアッドコアCPUは2.7GHzの基本周波数を持ち、4.5GHzまでターボ可能です。

Appleのノートパソコンのラインアップは、13インチRetinaディスプレイを搭載した新しいMacBook Airのなど、年末までに更新があることが予測されています。

MacBook Proのアップデートは間違いなく予定されていますが、何が登場するかの情報はまだ明確ではありません。

この情報が正確であれば、このベンチマークは確実にCPUアップグレードを示唆しています。このモデルには、8 MBのL3キャッシュとIris Plusの統合グラフィックスが搭載されています。

興味深いポイントは、MacBook15モデルの識別子が、13インチMacBook Proのリビジョンを意味しています。 2017型13インチMacBook ProはデュアルコアIntelチップと約4600のシングルコアと9500マルチコアのベンチマークを使用しています。想定されている2018モデルのベンチマークは、パフォーマンス数値で2017年の15インチMacBook Proに匹敵しています。

このベンチマークは、AppleがLPDDR3 RAMを採用していることを示唆しています。これは、32GBのRAMアップグレードオプションの可能性が低いことを意味します。実際、このベンチマークモデルでは16GBのオンボードRAMが報告されています。


興味深いことに、このマシンはmacOS 10.13.6を実行しています。OSのポイントアップデートは現在、開発者にシードされています。このベンチマークでは、昨日開発者にリリースされたベータ5と同じビルド番号、macOS 10.13.6の17G2110ビルドが発表されました。これは、AppleがMojaveの一般公開よりも早く新しいMacBookをリリースする予定であることを示している可能性があります。