Apple Watchをバックアップする方法

0
146

ほとんどのApple Watchのオーナーは、Apple Watchをバックアップする方法を知らず、また、AppleもApple Watchのバックアップ方法をあまり紹介していません。今回は、Apple Watchをバックアップする方法についても説明します。



Apple Watchをバックアップする方法

Apple Watchをバックアップするには、Apple Watchを装着する必要があります。それはiPhoneのBluetooth範囲内にある必要があります。

完了したら、iPhoneで「Watch」アプリに行きます。

一般>リセットへ進み、Appleウォッチの内容と設定を消去する必要があります。

Apple Watchは、iPhoneやiPadとは異なり、Apple Watchを消去しない限り、残念ながらバックアップ設定にする事が出来ません。

Apple IDのパスワードを入力してFind my Apple Watchを無効にする必要があります。

また、Series 3 Apple Watch with LTEの場合は、携帯電話プランを保持するかどうかを選択する必要があります。

iPhoneをアップグレードするだけの場合はそのまま使用し、Apple Watchのペアを解除する必要がある場合は、解除して下さい。

Apple Watchが、iPhoneから完全にペア解除されるのを待ってから、Apple Watchにようこそ画面が表示されるまで待つ必要があります。

それが終わると、Apple WatchはiPhoneに完全にバックアップされます。

「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」>「ウォッチ」に移動して、実際にバックアップしたことを確認できます。

Documents&Dataの下に、Apple Watchの名前と最新のバックアップの日付が表示されます。

Apple Watchバックアップを維持するには、iPhoneをiCloudにバックアップする必要があります。これは、iPhoneをアップグレードするときに特に重要です。

iCloudでiPhoneをバックアップするには、設定>トップのApple IDカード> iCloud> iCloud Backup>今すぐバックアップをタップしてください。

iPhoneをバックアップせずに消去すると、バックアップはiPhoneに保存され、iPhoneのバックアップ時にのみiCloudに同期されるため、Apple Watchバックアップは失われてしまいます。

この方法は面倒で複雑ですが、それは現時点でApple Watchをバックアップする唯一の方法の様です。