Skydio R1ドローンのクルーズコントロール機能レビュー

0
206

Skydio R1は、2月に発表された、カメラ、センサー、そして強力なNvidia製オンボードコンピュータを組み合わせて、飛行する周辺を地図化し、 自動で障害物を避けながら、被写体を自動で追跡できるドローンです。

Skydio R1には、洗練された人工知能が搭載されており、周囲の状況を学習しながら、

障害物をよけて、追跡することができます。



Skydio R1ドローンのクルーズコントロール機能

Skydio R1は、ジンバルで安定した4Kカメラを搭載しており、空を飛ぶビデオカメラとして機能します。Skydio R1は13台の車載カメラ、深度とモーションセンサーの組み合わせを使用し、被験者を追跡、ドローンがフライト中に被写体や歩行者などを傷つけないように障害物をみわけ、自己操縦で飛行します。 Skydioはその能力に自信があり、R1はコントローラーを提供しておらず、すべてがアプリを通じて操作されます。

ドローンを飛行させるのはとても簡単です。付属の16分連続飛行できるバッテリーを充電したら、ドローンの後ろに差し込んで電源を入れます。

そこから、特別なWi-Fiネットワーク経由で携帯電話のアプリに接続すると、無人機はアプリと同期して飛行前のチェックを行い、R1の周辺を妨げるものがないことを確認します。

離陸するには、ドローンのフルスクリーンライブカメラフィードに貼られた円形の白いボタンをドラッグします。

一度飛行すると、Spartanの画面上の高さと方向トグルを使用して、SkydioアプリからR1を手動で制御できます。

カメラ内に映った人の上に浮かんだ円形の泡をタップすると、タップした人をSkydioは視界の中で認識し、スナップして、6つの異なるキャプチャモードの1つで被写体を追跡し始めます。これらは、ショルダーオーバーショットのためのフォローモードからフロントフェースショットのためのリードモードに至るまで、静的または動く被写体の周りにR1を滑らかな360度の円弧で飛行させます。

Skydio R1は、自律飛行は 想像以上に賢く被写体を追跡することができますが、

時に、搭載さらたAI機能でも判断がつかない状況になった場合は、停止してしまう場合があります。その場合は、アプリから手動で操作が必要になります。