MacOS Mojave向けに、AirPod用ToothFairy Macユーティリティがアップデート!

0
93


ToothFairyは、AirPodやその他のBluetoothアクセサリに、簡単に接続できるMacユーティリティアプリです。 Mac用ToothFairyアプリの最新バージョンでは、MacOS Mojaveのダークモードのサポートが追加されています。



AirPod用ToothFairy Macユーティリティ

リリースノートはこちらをチェックしてください。

  • macOS 10.14のダークモードのサポートが追加されました。
  • UIを改善するために、さまざまな設定テキストを修正しました。例えば:
  • 接続を切り替えるためのグローバルホットキーが接続/切断のグローバルホットキーになりました。
  • ドックアイコンの非表示が可能になりました(次回の起動時に有効になります)。
  • オーディオ出力のみが可能です。オーディオ入力を無効にして音質を向上させます。
  • 接続のみのモードになりました。アイコンをクリックしたり、ホットキーを押したりしても切断されません。
  • [オーディオ出力のみ]オプションが機能しないため、AirPodがシステムオーディオ入力デバイスとして不適切に設定されるというバグを修正しました。
  • Save Diagnostic Reportボタンを追加しました。
  • ToothFairyとそのログインアイテムヘルパーが同じSwiftライブラリを共有することにより、アプリのサイズが縮小されました。
  • OKボタンの最小幅を修正しました。
  • クレジットシートのテキストをフォント、スタイル、およびクリック可能なリンクで再フォーマットしました。

Mac用ToothFairyアプリは、Mac App Storeで360円で購入できます。購入済みのユーザーは、バージョン2.4.7を無料アップデートとして利用できます。

ToothFairy
ユーティリティ, ミュージック¥360