Final Cut Pro、クローズドキャプションツールと、新しいProRes RAWビデオフォーマットを導入

0
323

最新のFinal Cut Proのアップデートでは、クローズドキャプションの統合ツールと、ProRes RAWと呼ばれる新しいビデオフォーマットが追加され、圧縮されたProResフォーマットの可逆RAWビデオが編集可能になりました。

この新しいアップデートにより、Final Cut Proでは、別のアプリを必要とせずに、ビデオのクローズドキャプションをインポートおよび編集できるようになります。



Final Cut Proのクローズドキャプションツールと、新しいProRes RAWビデオフォーマット

キャプションツールはFinal Cutの既存の磁気タイムラインで動作し、ユーザーはオーディオやビデオクリップにキャプションを接続することができます。別のオーディオをビデオに接続する場合と同様に、2つのクリップがリンクされているため、関連するキャプションを失うことなくビデオのセグメントを簡単に移動できます。

アップル社は、CEA-608(米国/メキシコ/カナダの放送で使用されている)とiTT(iTunesムービーがキャプションに使用しているもの)の2つの主要フォーマットをサポートしています。

ProRes RAWは、圧縮されたビデオフォーマットと非圧縮のビデオフォーマットの両方を提供します

その他の主要なアップデートは、新しいProRes RAWフォーマットの導入、およびサポート)です。Appleは、既存のProResフォーマットとフルRAWの間の橋渡しとみなしています。 ProRes Rawを使用すると、RAWビデオのメリットを犠牲にすることなく、圧縮フォーマット(特にラップトップエディタ用)の使いやすさを保ちながら、RAWセンサデータを圧縮ProResファイルのスペースとプロセッサの節約と組み合わせることができます。今のところAtomos(Sumo 19とShogunレコーダーはProRes RAWをサポートするためのファームウェアアップデートを入手する予定)とDJIは、ProRes RAW互換Zenmuse X7カメラとInspire 2ドローンを今春後半に販売する予定です。

Final Cut Proのアップデートは来週4月9日にユーザーに公開される予定です。 AppleのFinal Cutの他のアップデートと同様に、バージョン10.4.1は引き続き既存のユーザーへ無料でアップデートが提供されます。