Blackmagic、新しいPocket Cinema Cameraを発表! 4Kビデオで大幅に改善

0
97

Blackmagic Designは、Pocket Cinema Cameraの新バージョンを発表しました。このカメラには、4Kビデオ機能でいくつかの大きな改善があります。

まず第一に、新しいPocket Cinema Camera 4Kは、1080pに制限されていた元のバージョンとは異なり、実際に4Kで撮影することができます。前モデルと同様に、新しいモデルは10ビットのProResまたは12ビットのRAWでその映像をキャプチャすることができます。その前身とは異なり、USB-Cを介して外部ドライブに、直で録画することができます。これは、非常に大きな4K RAWファイルで録画する際の利点になります。新しいPocket Cinema Cameraは、今年の後半に$ 1,295 で発売される予定です。



Blackmagic Design、Pocket Cinema Cameraの新バージョン

カメラはシネマカメラ用には小型ですが、旧バージョンよりもはるかに大きくなりました。この新しいモデルは、3.5インチディスプレイではなく、背面に5インチディスプレイがあります。また、モデルはSuper 16に近いものでしたが、フルサイズのMicro Four Thirdsセンサーが含まれており、これは、被写界深度や低照度(Micro Four Thirdsカメラでは既に痛いスポット)を使った撮影に役立ちます。パナソニック、オリンパスなどで使用されているレンズマウントのレンズを使用することができます。

Blackmagicは、カメラから放送機器、業界標準のカラーグレーディングソフトウェアまで、プロビデオツールを作成することで知られています。この Cinemaシリーズは、過去5年間、1000ドルの低価格帯で小型の Cinemaカメラをリリースしており、アマチュアと低予算映画制作者の間で、高評価を得ています。

このPocket Cinema Cameraは、プロ級のツールとオプションを、真の映画向けプロカメラを購入するよりも劇的に低価格で提供します。これらの機能がパナソニックのGH5のようなカメラに移行するにつれて、特別なものとはなりませんが、Blackmagicのラインは、ビデオおよびビデオ撮影者のニーズに明確な焦点を当てることによって際立っています

新しいPocket Cinema Camera 4Kには、ミニXLRコネクタ、LUTサポート、60 fpsでの4Kレコーディングなど、魅力を感じる豊富な機能が搭載されています。基本的には、一般的に照明を制御している映画制作向けではなく、撮影する全体的な環境が整った状態で撮影するのに向いているカメラとなります。それは内部安定がすくなく、小さなセンサーは低照度で苦労する可能性があり、フルフレームやスーパー35カメラから得られる被写界深度をアダプターで取得する必要があるケースがあるからです。それは映画制作者にとっては問題ではないかもしれませんが、速い撮影や不慣れな場所での撮影は、問題になる可能性があります。