Firefoxは、バーチャルリアリティ用の新しいバージョンをリリース

0
72

Mozillaは、スタンドアローンの仮想および拡張リアリティヘッドセット用のFirefoxブラウザ、最新バージョンを発表しました。これはFirefox Realityと呼ばれ、Mozillaはこれをクロスプラットフォーム、オープンソース、プライバシーに配慮したブラウザと表現しており、そのインターフェースはヘッドセットに特化したものになります。 HTC Vive Focusで、初期のデモを見ることができますが、まだ公開されていないため、Mozillaではどのヘッドセットをサポートするかはまだ明言していません。



Firefoxは、バーチャルリアリティ用の新しいバージョンをリリース

Firefox Realityのデモは、従来のブラウザに似ているように見えますが、仮想ボイドに合理化されて浮かんで見えます。このビデオは、ページをナビゲートして単純なVRコントローラでスムーズや、スクロールする方法を示していますが、小さなボタンにポインタを合わせるのに少し問題があるようです。 Mozillaのビジョンは非常に幅広く、とても野心的です。

ヘッドセットメーカーは、すでに個々のプラットフォーム用のブラウザを開発しています。 OculusはGear VRのためのブラウザをリリースしました。GoogleはDaydream用のChromeの実験版を持っています。そしてMicrosoftはEdge BrowserをWindows Mixed Realityのホームスペースに入れました。 (これらは基本的にバーチャルリアリティ用のブラウザですが、コンシューマ向けの拡張リアリティヘッドセットに簡単に翻訳でき、Windows Mixed RealityにはHoloLensなどのデバイスも含まれています。)VRデスクトップアプリケーションを通じて従来のブラウザにアクセスすることもできます。

しかし、Mozillaは、Firefoxをコンピュータ上で使うのと同じ理由で、Firefox RealityがAR、VR用の一般的なブラウザとしてつかわれることを望んでいます。これは、特定のヘッドセットブランドに特有のものではありません。 Firefox Realityは、Firefoxが、Quantumブラウザで培ったパフォーマンス改善も反映しているはずです。 Firefoxは、スタンドアロンヘッドセットのサポートについて具体的に話していますが、まだ確実な対応スタンドアロンヘッドセットはありません。

VRブラウザは、一般的に2D Webページのポータルと考えられていますが、それだけでは十分ではありません。また、WebVRのような標準を通じ、フルVR体験や360度の動画をオンラインでホストすることもできます。Firefoxは昨年、フルサポートを追加しました。