Googleドライブは、誰がファイルにアクセスできるユーザーか表示可能に

0
69

Googleドライブのファイルをさまざまなユーザーに電子メールで送信するとき、アクセスチェッカーは、新しくファイルにアクセスできない名前または電子メールアドレスも表示できるようになりました。



Googleドライブは、誰がファイルにアクセスできるユーザーか表示可能に

Googleは、Googleドライブのアクセスチェッカーをアップデートしています。これは、、Googleドライブのファイルを2人の同僚か30人のチーム全体かにかかわらず、誰に共有したか簡単に確認できる機能です。この機能は、メール、カレンダーの招待状、ドライブファイルが含まれており、ユーザーがまだアクセス権を持っていない場合にアクセス権設定を変更するかどうか確認してくれます。ファイルをさまざまなユーザーに電子メールで送信するときに、アクセスチェッカーには現在そのファイルにアクセスできない名前または電子メールアドレスも表示されるようになりました。

さらに、チームドライブ内のファイルもサポートし、ファイルへのアクセスが必要なユーザーを予測、デフォルトで特定の受信者のみとファイルを共有するようにします。 G Suiteの管理者は、ユーザーが利用できる共有オプションを制御できます。

この機能は、今後2週間にわたってすべてのG Suiteエディションに展開される予定です。また、Googleは最近、2月に統合されたGスイート用のハングアウトチャットをリリースしました。これにより、ユーザーは私的またはグループでお互いにメッセージを交換したり、プロジェクトで共同作業したり、共有カレンダーの空き状況に基づいて会議を計画できます。