Apple Watch、拡張現実感ウェアラブル用にTSMCでmicroLEDディスプレイを開発

0
191

Appleは、本日公開されたDigitimesの記事で、将来のApple製品用にmicroLEDディスプレイに取り組んでいると再び報道されている。

同レポートによると、このスクリーンは将来のハイエンドのApple Watchモデルと、拡張現実感ウェアラブルデバイス(約1.4インチと0.8インチ)を対象としているという。



Apple WatchにTSMCでmicroLEDディスプレイ搭載?

ブルームバーグの報告によると、カリフォルニア州のApple秘密施設で、microLEDを研究開発しているといいます。

Digitimesは、Apple社は、TSMCと提携し、マイクロLEDの市場投入を検討、シリコンのバックプレーン上にマイクロLEDパネルを作成する予定だと述べています。

興味深いことに、Digitimesは、年末に、これらのパネルを搭載したApple Watchが登場すると推測されています。

microLEDディスプレイは、大幅に高い輝度レベル、より良いエネルギー効率、薄いパネルで、OLEDまたはLCDに比べて大きな利点を提供します。 microLEDを市場に投入するにあたって、Appleはコストと規模の問題に直面しています。 Digitimesのアナリストは、Apple WatchのmicroLEDディスプレイは現在のOLEDスクリーンの5倍のコストを要すると述べています。

Apple WatchやARヘッドセットと同様に、Appleはラップトップやデスクトップのような、さらに大きな製品のためのmicroLEDディスプレイの作成にも興味を持っています。