ロンドンに自動運転車ポッドが登場!都市交通のあらたな未来になる可能性

0
326


ロンドンのグリニッジ地方にある川沿いに自動運転車ポッドが登場しました。ポッドは、未来の都市輸送手段になる可能性があります。彼らは静かでコンパクトで、通常の車よりもヨーロッパの曲がりくねった通りをより簡単に操縦して進みます。ロンドンは、昨年4月以来、ゲートウェイプロジェクトと呼ばれる民間および公的機関のコンソーシアムからの資金提供を受けて、これらの自律型車両を試用しています。



ロンドンに自動運転車ポッドが登場!

目的は、自己運転技術がどのようにして英国の都市に統合されるべきかを調べるためです。その計画の大部分はポッドに焦点を当てています。彼らは、UbersやWaymosのようなハードウェアを開発しようとはしていませんが、一般の人々にとって最も効果的なものを計画し、それが受け入れられるかかどうかを調べています。

これまでのところ、ポッドは、グリニッジゲートウェイ試験の最も明白な結果の1つと考えられます。ポッドフォームの自動運転車について人々は非常に冷えた印象を持っています。5,000人以上の一般市民が、3.4キロメートルの川をひとを乗せて行き来する、このサービスの利用に署名しました。最近の調査では、約1,000人の人々が43%の回答を得ていると答えています。残りの46%は、ハッキングや道路の安全性が心配されていました。

グリニッジのポッドは、フレンドリーな外観で脅威はありません 。滑らかなエッジと丸いコーナーのデザインで、巨大な丸薬のようです。ポッドのスピードは安全面を考慮し非常に遅く、川沿いのビートの幅の広いトラック(半分の道路、半分の舗装)で16km/hより速く動くことはありません。

各ポッドには2つのドアがあり、内側には2つのレザーレットベンチがあります。これらのテストには、エンジニアも同乗しています。彼らは、ジョイスティックを足の下に押し込み、自動運転が間違っていれば手動でコントロールします。

民間および公的機関が試験しているだけあって、とてもお堅い自動運転プロジェクトのようなで、すこし路面電車に近い印象がありますが、前向きに考えると、都市の公共交通手段としては、大いに可能性があるのではないでしょうか。