巨大な産業用ドローン、巨大な風力タービンを凍結から救う

0
232

これまで見たことがない産業用ドローンの活用方法があります。風力タービンが氷結しないよう、繋がった複数台のドローンが使用されています。

ドローン自体はラトビアの会社アエロネスによって製造されており、ヘビーデューティのUAVを専門としています。これらの強力なクラフトは最大36のプロペラを持ち、最大100キロまで荷物を運ぶことができます。 Aeronesは長年にわたり、救助シナリオの支援、高層ビルの消防、納入、産業掃除などの幅広い用途を想定してドローンを開発してきました。



巨大な産業用ドローン、巨大な風力タービンを凍結から救う

ビデオ(IEEE Spectrum経由)で注目を浴びている点は、風力タービンの羽根から雪と氷を吹き飛ばし清掃するために、この産業用ドローンが活用されている点です。クラフトには水を供給するためのテザーラインがあり、毎分100リットルでスプレーします。もう1つは動力用です。

このクリーニングプロセスは一般的なメンテナンスにも適していますが、風力タービンの電力効率向上にも役立ちます。雪や氷がタービンのブレードに蓄積すると、動力を発生する速度が遅くなり、場合によっては完全な停止に至ることさえあります。 Aeronesは、除氷のためにドローンを使用することは、チェリーピッカーを使用して人で清掃をするよりも速くて安全であると付け加えています。