LG G7 NeoがでMWCで登場!Snapdragon 845、OLEDディスプレイ、切り込みあり、縦型デュアルカメラ

0
293

'

今や主力のスマートフォン事業におけるLGの未来は少し不明です。通年MWCでは、LG社の最新Gシリーズを発表してきましたが、今年は例外でした。代わりに、リフレッシュされたLG V30と夏の新しいフラッグシップについてのより多くの噂を得ることができました。また、意外にもLG G7がMWCのLGブースで展示されていました。



LG G7 Neoについて

まず、仕様を見てみましょう。 Ynet氏によると、このLG G7 NeoはSnapdragon 845、4GBのRAMを搭載し、64GBのストレージと、ストレージを倍増させ、6GBのRAMにすることができるバージョンを搭載しています。

ハードウェアに関しては、LGはこの新しいデザインで大きな変更を加えました。これには、中央に配置された垂直方向のデュアルカメラがあり、左側にフラッシュがついています。カメラの下には指紋センサーがあり、同じガラスバックになっています。

ディスプレイは6インチで、解像度は3120 x 1440です。Android Policeが指摘しているように、これは18:9のアスペクト比を持つG6とV30とは異なり、19.5:9のアスペクト比です。最も近いのは、Essential Phoneの19:10のアスペクト比です。

要するに、少し大きめですが、実際にはディスプレイに追加されたノッチ領域があります。興味深いことに、LGはソフトウェアでノッチを目立たなくしています。

YnDTS-Xコンポーネントを使用して、スピーカーが「あらゆる表面に置かれたときに高い共振で再生できる」という新しい「ブームボックス」機能もあります。

Evan Blassはさらに、LGは「LG V35」、「LG Q7」、そしてこのイベントでも新しいスマートウォッチを披露していたと報じている。