Uberは、東南アジア事業をライバル会社Grabに売却

0
138

Uberは正式に東南アジア圏のビジネスからから撤退するようです。Uberは、東南アジ地域の事業を主要ライバル会社のGrabに売却することに合意した。

売却費用は明らかにされていないが、Uberは、UberのCEO Dara Khosrowshahiが従業員に送付した電子メールの中で「数十億ドル」の価値があると述べ、Grab社の株式27.5%を取得する予定で、Grabのボードメンバーに参加します。



Uberは、東南アジア事業をライバル会社Grabに売却

ソフトバンクと元Uberの競争相手Didiの支援を受けたGrabには、東南アジ地域に500人のUber従業員が出向する予定のようです。

Grabはこれまでに40億ドル以上を調達し、最後に60億ドルと評価されています。タクシーなどの送迎サービスのほか、同社はGrabPayと呼ばれる支払いプラットフォームを持ち、最近金融サービスプラットフォームを開始しました。Grabはまた、合併の一環として、東南アジアで、Uberの食品配送事業であるUberEatsを買収する予定です。

Khosrowshahi氏は東南アジアの従業員にEメールで書いた。「私が到着する前に多くの苦労があったことを意識しています。 「この地域に7億ドルを投資した後、数十億ドル相当の株式を保有し、重要なグローバル地域で勝利すると考えている戦略的所有権を保有する」と述べた。

Uberがこの種の取引を行うのは3回目です。 2016年8月、中国に拠点を置くディディは、同国でUberの事業を買収した。 2017年7月、ウバー社はまた、ライバルのYandex.Taxiとの合併により、ロシアから事業を引き離した。

Khosrowshahi氏は、この取引がUberを、インド、中南米、中東などの中核市場に集中させることに役立つと考えています。