Spotifyは、上場に先立ち、ウォールストリートに2018年は、非常に良い年になると語る

0
239

Spotifyは来週、株式が公開(IPO)される予定です。今日、Spotifyは、ウォールストリートに、2018年がSpotifyにとって、どのような年になるか展望を語っている。

Spotifyは、収益の大幅な増加と有料の加入者を生み出し、マージンを改善することにより、今年は非常にうまくいくと考えている。そして、損失は縮小すると考えています。

Spotifyがこの時点で伝えられる良い話を持っていなかったのは驚くべきことでした。Spotifyの株式は、4月3日(火曜日)に伝統的なIPOの代わりに “直接的なリスト”を介して株式公開の取引を開始する。

どんな会社でもIPOに先立って良い話をしてくれる事がのぞまれますが、Spotifyの立ち位置を考えると、伝統的な投資銀行の支援を考え、投資家を安心させるために良い話が必要です。

Spotifyのウォールストリートへの収益感関連コメントは以下の通りです。

Spotifyは、昨年の7,100万人から、2018年は9600万人の有料会員となると考えている。それは最大36%の増加であろう。
Spotify
は、収入が30%増の66億ドルになると考えている。

重要な点は、総利益率が21%から25%に上昇する可能性があるとSpotifyは考えている。これはSpotifyの投資家へのアピールで重要なポイントとなります。利益率が大きくなるにつれて、音楽レーベルの活用を改善することができるため、印象のよい利益率がほしいところだ。また、大きな音楽レーベルとの取引に依存しない収益を生み出す方法を見つけるとも考えている。

もう一つは、Spotifyが営業損失を5億ドルから4億900万ドルに縮小すると考えている点です。これらの損失のうち5千万ドルはIPOに関連する費用によって発生する1回限りの請求となります。

数日後に終了する第1四半期のSpotifyの予測については、下記のようにコメントしている。

Spotifyは、第1四半期だけで総利益率が24%に上昇すると考えています。それは昨年末の21%上昇からさらに上昇し、かなり急な上昇のように見えます。投資家は何の要因が上昇を加速させているか、もっと知りたいと思うでしょう。

Spotifyは、有料のサブプライムが今四半期に7300万から7600万の間で落ち着くと予測している。Spotifyはこの時点で顧客基盤をより正確に見積もることができると思うだろうが、このコメントからは正確さがかけており、何かが足りない内容となった。