Gmailで、アーカイブメールを自動的に既読にする方法

0
327

電子メールクライアントアプリをGmailからInboxに切り替える際に最も問題になることの1つは、電子メールを読んだものとしてマークする方法がないことでした。

理想的な機能は、Gmailや受信トレイのアプリからのメール通知から、メールを読むことなくアーカイブする場合に、「アーカイブし、既読としてマークする」など、アーカイブと同時に既読にできるボタンです。

一つの選択肢は、Gmailアプリを使うことです。複数のメールを選択して、2回タップして、それらを読み取りおよびアーカイブとしてマークします。しかし、これは毎回アプリを開く必要があり、Inboxアプリだけでは完結しません。



Gmailで、アーカイブメールを自動的に既読にする方法

幸いにも、この問題の解決策を見つけました。また、InboxとGmailの両方で同じように機能します。

この素晴らしい解決方法は、Google Apps Scriptを使用する方法です。スクリプトは電子メールアーカイブ内の未読メールをすべて実行し、すべてを一括して読み取ったものとしてマークする事ができます。今回、この方法で、アーカイブメールを自動的に既読にする方法をご紹介します。

Google Appsスクリプトのホームページに移動し、[スクリプトを作成]を選択してスクリプトを作成します。
サンプルコードを削除し、次のコードに置き換えます。

function markArchivedAsRead() {
var threads = GmailApp.search('label:unread -label:inbox', 0, 100);
GmailApp.markThreadsRead(threads);
};

ファイル>保存をクリックしてプロジェクトを保存し、「アーカイブとして保存する」などの名前を付けます。

「Run」>「Run function」>「MarkArchivedAsRead」をクリックし、ポップアップが表示されたら「権限の確認」を選択します。

Gmailアカウントを選択し、メールにアクセスする権限を付与することで、作成したアプリを認証します。 「このアプリは検証されていません」という警告が表示されることがありますが、このスクリプトを作成したばかりなので、心配する必要はありません。 「Advanced」をクリックしてから、「読み込み(安全でない)」としてマークしてください

編集中のプロジェクトのトリガーに移動し、「トリガーを設定しない。ここをクリックして今すぐ追加する」をクリックすると、アーカイブ内の未読メールを定期的にチェックできるようになります。

トリガーは時間駆動型でなければならず、実行する頻度を選択できます(私は15分ごとに実行するように設定しています)。トリガーを設定したら、[保存]をクリックします。

最後に、「ファイル」>「保存」の順に選択してプロジェクトをもう一度保存し、スクリプトを閉じます。

それで完了です。この小さなスクリプトはバックグラウンドで実行し続け、電子メールアーカイブの未読メールを既読にしてくれます。