Spotify、Apple Musicのストリーミングサービスが、音楽業界の業績アップに貢献!

0
199

音楽業界のロビー団体である米レコード産業協会(RIAA)の新しい報告書によると、昨年、アップル、Spotify、その他のストリーミングサービスの収入増加により、昨年2倍の記録的な音楽収入を記録した。



ストリーミングサービスが、音楽業界の業績アップに貢献

RIAAの報告によると、2017年の、米国の音楽業界の売上高は、ストリーミングサービスの有料契約の伸びにより、小売価値は16.5%、卸売価格は12.6%増加し、それぞれ87億ドルおよび59億ドルとなった。ストリーミングの音楽収入は、2017年に57億ドルに達したが、2016年には40億ドル、2015年には23億ドルだった。

ストリーミングサービスは、昨年初めて業界の収益の50%を超えました。

RIAAによると、ストリーミングは2017年の業界売上の約2/3を占め、物理(17%)とデジタルダウンロード(15%)と比較しています。ストリーミングが増加するにつれて、デジタルダウンロードは2017年に25%減少しました。収益はピークをはるかに上回っており、昨年はわずか4%減の15億ドルとなりました。

音楽業界の伝統的なモデルの終焉により、長年にわたり打撃を受けた業界収益にリバウンドの兆しを見えてきています。実際に、2017年は1999年以来初めて、米国の音楽収入は2年連続で増加しました。

今月の時点で、Apple Musicは3,800万人の加入者に達しており、この夏には、米国で少なくともSpotifyを超える見込みだ。