Snapchatは、レンズプラットフォームで独自のショッピングモールを展開

0
224

Snapchatは、広告主から収益を得る方法として、拡張現実用のフィルタプラットフォームである「レンズ」を検討しています。TechCrunchによると、Snapchatは、広告主がアプリのレンズを通じて商品を表示し販売するための新しいショッピングAR機能を導入する予定です。

この新機能は、Snapchatに3年前に初めて導入されたアイディアをベースにしています。最初に企業はLensプラットフォームでブランドフィルタを作成し、その後すぐにARフェイスマスクを0.99ドルで販売できるLens Storeに出品することができます。



Snapchatは、レンズプラットフォームで独自のショッピングモールを展開

今、広告主はレンズにボタンを追加して、ユーザーを関連商品を購入できるウェブサイトに誘導することができます。この機能は、いくつかの重要なパートナーシップから開始されます。その中には、Snapchatを通じて「美容製品試験」を販売しているヘアケアプロバイダーのClairolと、Deeruptランニングシューズを販売しているアディダスがいます。

また、デジタルコンテンツを提供しているパトナーもおり、たとえば、モバイルアプリの開発会社Kingは、アプリ内で再生できるARゲームを兼ね備えた特別なCandy Crush Sagaフィルタを提供します。メディア制作会社のSTX Entertainmentは、Snapchatを使ってAmy Schumerの新しい映画「Feel Pretty」を予告しています。

この新しいブランドフレンドリーなレンズ機能は、SnapchatのLens Studioの導入により構築されました。これにより、クリエイターは、付属のツール、オブジェクト、エフェクトのセットを使用し、ア​​プリのシグネチャーARフィルタを設計してリリースできます。

Snapchatの親会社であるSnap Incによると、レンズは1日当たり7,000万人以上のユーザーが使用していると言います。