車用Linuxとオープンソース


Evernote Camera Roll 20170107 130803.jpg


大手自動車メーカーが参加するProject Automotive Grade Linux(AGL)は、Mercedes-Benzの親会社であるDaimlerがCESで米国で開催されたプロジェクトに参加したと発表しました。

自動運転機能を備えたインフォテインメントシステムやスマートカーの進歩により、自動車メーカーもソフトウェア企業になりつつあります。

AGLのエグゼクティブディレクター、ダン・コーシー(Dan Cauchy)は次のように述べています。「自動車メーカーはソフトウェア企業になっており、テクノロジー業界の企業と同じように、将来はオープンソースの道に進むべきです。

その結果、コードは移植性と再利用性に乏しかった。

AGLのメンバーは、オープンソースのソフトウェアスタックを共有することでコードの再利用性が向上し、開発プロセスがより効率的になると考えています。

同時に、独立系ソフトウェア企業は、車の各モデルごとに異なるバージョンのシステムを構築する必要がなくなりました。