Android用Chrome 66がリリース!自動再生制限、ホームデュプレックスとモダンデザイン

0
1024


Mac、Windows、LinuxでChromeアプリがアップデートされ、Android版もChrome 66にアップグレート開始しました。このアップデートではいくつかのデザインが調整されていますが、ほとんどの場合、有効にするためにはフラグ設定が必要です。一方、メディアの自動再生が可能になると同時に、通常のセキュリティ機能や開発者機能も変更されています。



Android用Chrome 66がリリース

今年1月のバージョン64のChromeでは、音量再生をより詳細に制御できるように、サイト間で音声をミュートする機能が追加されました。今日のアップデートでは、Googleはメディアの自動再生制御の新しいポリシーを追加しています。

データセーバーモードが有効になっているときは、モバイルで自動再生ブロックを行います。これは、開発者が通信の重いアニメーションGIFの代わりにミュートされたビデオを使用するよう奨励するためのものです。

iOSやデスクトップと同様に、Chrome for Androidはパスワードのエクスポート機能も備えています。新しいオプションは、[パスワード]メニューの新しいオーバーフローアイコンをタップするとアクセスできます。

Chromeは、ダウンロードする前に、システムのパスコードや指紋で認証するように求めてきます。その後、システム共有シートが表示されます。

「Chrome Home」のボトムバー、以前のデザインが削除され、バージョン66の「Chrome Home Duplex」に置き換えられました。新しいボトムツールバーをスライドして新しいタブページを開くことができます。これはブックマークをすぐに起動する方法で、まだ開発中です。

chrome://flags/#enable-chrome-duplex

GoogleではChrome Homeの非ボトムバーの側面をバージョン66の新しい「Modern Design」フラグで維持しています。これにはタブスイッチャーと新しいタブページの白い背景が含まれています。Googleは、検索とフィードのようないくつかのアプリでこの丸みのあるUIを採用しています。

chrome://flags/#enable-chrome-modern-design

新しい非同期クリップボードAPIを読み、画像やその他の豊富なデータタイプのコピー/貼り付けのサポートを追加、将来のクロームバージョンでは、クリップボードから書き込みをするための新しい方法を提供します。

サウンドフロントでは、新しいAudioWorklet APIを使用することで、開発者は「出力オーディオでさらなるレイテンシーと安定性を気にすることなく、プログラムでオーディオを制御できます。Decoding Info APIを使用すると、ウェブサイトはメディアストリーミングの解像度をより良く設定できます。