新しいSafariのベータ版では、WebサイトをMacOSのテーマに合わせる機能を搭載

0
56


新しいSafari Technology Previewは、Macブラウザに必要な新しい機能を提供しています。 macOS Mojaveは新しいダークモードシステムを導入しました。ドック、メニューバー、システムコントロールに自動的に適用され、サードパーティのアプリは新しいダークテーマインターフェイスを最大限に活用できるようにアップデートされてきています。しかし、今の使用では、macOSがダークモードを使用していても、ウェブサイトは依然、白背景のままです。



新しいSafariのベータ版では、WebサイトをMacOSのテーマに合わせる機能を搭載

これはまもなく変わります。新しいSafariのベータ版には、「お気に入りの色分け」CSSメディアクエリサポートが含まれています。これにより、ウェブサイトはシステムの外観の変更に自動的に適応することができます。したがって、ダークモードでMojaveを使用している場合、Webサイトでもダークテーマが自動的に使用されます。

AppleはSafari Technology Preview版を2週間ごとにリリースしています。ダークモードのサポートは、今日リリースされたSafari Technology Preview 68に含まれていました。

Safari Technology Previewは今後登場するSafari機能のテスト版として機能します。 Web開発者(または誰でも)は、「通常の」Safariと一緒にインストールすることができるため、両方を同じ環境で使用できます。

MacOSダークモードの大きな悩みの一つは、ほとんどのコンテンツが明るい白で、ダークモードでネイティブアプリの控えめな黒と灰色の部分と色合いが衝突することです。新しいCSSメディアクエリは、ウェブサイトに、軽い色合いで暗いスタイリングを適応させる事ができます。

この機能は自動ではなく、ウェブサイト単位での採用が必要で、macOS Mojave上で実行されるSafariの市場占有率が比較的低いことを考えると、普及率はおそらく低いものになるかもしれません。