Googleクラウド部門がブロックチェインを使い、デジタルレジャーを開発中?

0
129

昨今、ブロックチェーン技術は、多くのアプリケーションで非常に重要な技術要素になってきています。そのうちのいくつかはクラウドの分野でも使われており、新しいレポートによると、Googleは、独自の分散デジタルレジャーを開発しているようです。



Googleクラウド部門がブロックチェインを使い、デジタルレジャーを開発中

ブルームバーグの報告によると、Googleは、​​トランザクションの投稿と検証に使用できるデジタルレジャーの開発に着手しており、他の企業が運営できる「ホワイトレーベル」のバージョンも作成していると伝えている。

この技術は、Google Cloud部門の下で開発され、競合他社とのサービスの差別化をしようとしています。このサービスは、開発者が利用できる、機械学習のようなサービス群に加わります。いつ発売されるのかははっきりしていない。

Googleは新技術の経験を積んだ新興企業に積極的に投資していますが、これらの動きはまだ公表されていません。一方、アルファベットのGVベンチャーキャピタルは、クリプトカロシュとブロックチェーンで働く企業にいくつかの投資を行っています。

今日のレポートでは、Googleが独自のバリアントを構築して、数百万のトランザクションのスケーリングと実行に適したブロックチャーン技術の利用を検討しているといいます。Googleは、具体的にはオープンソースのHyperledgerコンソーシアムの利用を検討しているといいます。