自律飛行可能ななSkydio R1ドローンは、周囲をどのように認識しているか?

0
236

YouTubeにアップロードされた下のビデオでは、Skydio R1ドローンが自律飛行している間、周囲をどのように認識しているかを示しています。

これは「ボクセル・ビュー」と呼ばれ、R1無人機が12台の障害物回避カメラと1台の主要な4Kカメラの助けをかりて作成するビューは、主に対象を追跡することを目的に飛行しています。



ボクセルのビューは、R1が周囲をどう認識しているかを示す?

Skydio R1ドローンの全面に配置された6組のカメラ(ステレオビュー)を、他のハードウェアとソフトウェアとともに使用することで、R1ドローンの「ボクセル」ビューは作成されています。

それは基本的にすべての障害がマップされた3D環境です。 R1が、障害物に衝突する事なく飛行するためには、約3フィートのスペースが必要です。下のビデオでは、「木のトンネル」が終わりに向かって狭くなるにつれて無人機が減速するのを確認できます。また、中央にポールが配置されています。減速するとドローンは周囲をより慎重にマップし、より正確に飛ぶことができます。

Skydio R1ドローンがその周囲をどのくらい認識して飛ぶことができるか、そしてそれがどのように解釈されるかをみれるので、楽しいビデオになります。