Chrome 66ベータ版が新機能追加、自動再生の制限、クラッシュ抑制、’Home Duplex’と ‘Modern Design’を追加

0
943

以前のバージョン続いて、Chrome 66は現在ベータ版チャンネルに入っており、Chrome 66では、多くの新しいユーザー機能と変更点があります。 Googleは、Windows上のサードパーティ製ソフトウェアに関連するChromeクラッシュ問題対応と、新しいメディア自動再生の警告を実装しています。 Androidの場合、ブラウザは「Chromeホーム」をツールバーに置き換え、新しい「モダンデザイン」を使用します。



Chrome 66ベータ版が新機能追加

1月のバージョン64では、Chromeはサイト間で音声をミュートする機能を追加しました。 Googleは、メディアの自動再生を管理する新しい機能を追加し、一貫した再生のユーザー体験を実現できるよう努力を続けています。

Chrome 66では、条件が次の基準を満たしている場合、メディアが自動的に開始されます。

  • コンテンツがミュートされているか、音声が再生されていない場合
  • 閲覧セッション中に以前にタップまたはクリックされたユーザー
  • モバイルで、ユーザーがホーム画面にサイトを追加した場合

一方、Googleは、ブラウザにアドオンするサードパーティのソフトウェアが原因で、Windows上でブラウザがクラッシュする問題を減少させる計画だ。バージョン66では、クラッシュが発生した後に警告が表示されます。

また、サードパーティのソフトウェアが問題を起こす可能性がある場合、問題のソフトウェアを削除するようメッセージが表示されます。

Androidでは、バージョン66の「Chromeホームデュプレックス」で「クロムホーム」のボトムバーが再設計され、置き換えられました。現在のChromeの外観から変更された部分は、新しいタブページを開く際の、新しいスライドツールバーです。これはブックマークを起動する簡単な方法ですが、まだ開発中です。

また、Googleは、バージョン66で、Chrome Homeのボトムバーを、新しい「Modern Design」で維持しています。これには、タブスイッチャーと新しいタブページの白い背景があります。

新しい非同期クリップボードAPIは、クリップボードからの読み取りと書き込みの新しい方法を提供します。将来のChromeバージョンでは、画像やその他の豊富なデータ型のコピー/貼り付けがサポートされています。

サウンドフロントでは、新しいAudioWorklet APIを使用することで、開発者は「出力オーディオのレイテンシや安定性を気にせずに、プログラムでオーディオを制御できます。

Decoding Info APIを使用すると、ウェブサイトはメディアストリーミングの解像度をより良く設定できます。

Chrome 66は数週間後に安定したチャンネルでリリースされる予定です。