報告書によると、5.8インチのiPhone Xの後継機は製造コストが約10%安くなる

0
215

2018年のiPhoneのラインナップは、既存の5.8インチiPhone Xと、後継機である6.1インチLCD iPhone、新しいハイエンドの6.5インチOLED「iPhone X Plus」という3つの新モデルで構成されると言われています。



製造コストが約10%安くなる?

Digitimesは本日、新しい5.8インチのiPhoneが製造コストが大幅に安くなると発表した。これは、AppleがiPhone X 999ドルの価格が下がる可能性を示しています。

このレポートによると、新しい5.8インチのiPhoneには、iPhone Xが最初に発売されたときよりも10%以上低い材料費(すべての部品の費用)になるといいます。iPhone X BOMは約400ドルと見積もられいました。

アップル幹部は過去にこの材料費見積もりを否定していため、これらの見積もりには少し懐疑的な部分もあります。部品のコストは、製造の唯一の要因ではありません。しかし、2017年のサイクルで既に処理されている新しいコンポーネントが増加したため、iPhone Xのサプライサイドコストが高くなるのは理にかなっています。

Digitimesのアナリストは、Appleが6.1インチLCDプロトタイプの携帯電話よりも低いRAM仕様のモデルをテストしているため、5.8インチのiPhoneがラインナップで最も安いモデルであるといいます

最終的に、価格設定はマーケティングによります。 Appleはそれをコントロールする唯一の存在です。現在までの予測では、6.1型LCDのiPhoneが最も安いモデルで、価格は約800ドルだという。 6.5インチiPhone X Plusは新しいハイエンドフラッグシップになる予測です。