Brewie 自家製ビール醸造キット、 iPhoneに接続可能に!

0
179

自家製ビール醸造は、ここ数年、自動システムを提供すできるようになり、さまざまなメーカーの関心が高まっています。その1つはBrewieです。数年前に、最初のモデルを発表した後、2代目自作キットを3月初めにリリースしています。

家でビール醸造のセットアップを行うにはさまざまな方法がありますが、Brewieは魅力的なアルミニウムパッケージで、色々な作業が自動化されているiPhone接続もあり、ビールが形成される工程のレベルと進歩を監視することができます。さらに、Brewieには数多くの機能拡張があり、よりスムーズなエクスペリエンスを実現できます。

Brewieの開発チームは、第1世代モデルでどのように改善できるかを検討しました。これは、システムを加熱する重要な要素を置き換えることから始まりました。いくつかの変更を加え、総醸造時間を1時間を削ることに成功したと言います。 Brewieは機械的な面を少しアップグレードしただけでなく、搭載されているRAMを2倍にしました。

Brewie +は、醸造の経験、技術の簡素化、ユーザーのフィードバックを考慮して、市場で最も単純な最先端の醸造機となっています。ファームウェアの制御を最適化し、カスタムメイドの部品を導入することにより、醸造時間の合計が最大15%短縮されました。アップグレードされた内部の水センサーで、Brewie +は扱いやすい醸造装置です。

あらかじめパッケージ化されたルートを使いたい場合、Brewieはこの目的のためにオールインワンのバンドルを提供しています。

Brewieは一度に5ガロンのビールを提供するように設計されています。 PicoBrewの同等のシステムは、比較してかなり軽い2.5ガロンになっています。

統合されたスマートフォンコントロールにより、ユーザーは醸造の進行状況を監視し、最良の自宅ビールを達成するための手順を段階的に習得することができます。市販のスマートフォンに接続された他のプラットフォームと同様、自宅でも外出先でもアラートを受信できます。

第2世代モデルの単一ユニットは、現在、1,799ドルまでの割引を実施しています。割引キャンペーン後、価格は2,399ドルに戻ります。

Brewieサイト