Affinity Photo for iPadの使い方!初心者にやさしい機能の使い方ヒント

0
1805


LumaFusion以外で、Affinity Photo for iPadは、これまでiPadで使ったアプリのなかで最も印象的なアプリになります。このアプリでは、プロのレタッチ作業や画像加工作業が、デスクトップPCでPhotoshopを使うのと同等に、タブレット上でできてしまう点で、かなり優秀なiPadアプリといえるかもしれません。

Affinity Photoの問題は、新しいユーザーにとって、操作方法を新たに覚えないといけない点です。ここで紹介するように、いくつかの基本的な機能や仕組みを理解すれば、このアプリはとても使いやすく、便利なものになります。Affinity Photo初心者のための操作方法をいくつかご紹介します!

Affinity Photoには、巨大で検索可能なビルトインヘルプガイドが付属しており、アプリ機能の学習に役立ちます。右下にあるクエッションマークボタンをタップして、キャンバス上でクイックツールのヒントにアクセスすることもできます。メインのプロジェクト画面には、アプリの詳細を学べるビデオチュートリアルとサンプルファイルがいくつかあります。

チュートリアルとサンプルを無効にする

Affinity Photoでの作業のしくみを理解したら、プロジェクトライブラリ画面に表示されるチュートリアルやサンプルを無効にすることができます。右上隅の歯車アイコンをタップし、[一般]タブの[チュートリアルとサンプルを表示]を無効にします。



Affinity Photo for iPadの使い方!

キーボードショートカットのアクセスリスト

Affinity Photoで辛い点は、キーボードでCommandキーを押し、キーボードショートカットのリストを表示できない点です。

その代わりに、ヘルプセクションに移動してキーボードショートカットを検索し、利用可能なコマンドのリストを探す必要があります。それでもリストは完全ではありません。有効なショートカットは実はたくさんあります。

プロジェクトを作成する

特定のプロジェクトに関連するすべてのファイルをメインライブラリページに登録する代わりに、新しいファイルを作成する前に、[新しいプロジェクト]オプションを使用して、プロジェクト専用のフォルダを作成し、関連性のあるアセットをすべて格納することで、プロジェクト内で複数のファイルを使えるようになります。

キーボードショートカットと同様に、ファイル管理はAffinity Photoの強みの1つではありませんが、専用のプロジェクトフォルダを作成する機能が役に立ちます。

Mac版からの文書の読み込み

アプリのMac版を使用しているときにiCloudのAffinity Photoフォルダにファイルを保存すると、「クラウドから開く」または「クラウドから読み込む」オプションを選択することでiPad上と同じファイルに簡単にアクセスできます。

UIを非表示にする

アフィニティフォトは、キャンバスを操作しているときに画面の端に向かって移動すると、アプリのUI要素のほとんどを自動的に非表示にしますが、右上の[UIを非表示にする]ボタンをタップすると手動でUIを非表示にできます。

ピンスタジオ

スタジオ – メインキャンバスの右側のパネルにあり、キャンバス内の要素を監視して変更することができます。キャンバスを動かすと、現在開いているスタジオが消えて、作業面全体を見ることができます。

ユーザーは、スタジオパネルを開いたままにしておくことで、迅速な監視や変更を行うことができます。パネルを固定または固定解除するには、現在開いているStudioの右上隅にあるピンボタンをタップします。

元に戻す&やり直す方法

元に戻すとやり直しが画面の右下の左右矢印になります。左矢印は元に戻す、右矢印はやり直すです。

元に戻す履歴にアクセスする方法

ヒストリースタジオは、過去の操作履歴リストを表示します。個々の状態をタップして戻るか、スタジオの下部にあるスライダを使用し、使用可能な状態を戻ったり進んだりすることができます。

キャンバスに画像をドラッグアンドドロップする

残念ながらアフィニティフォトはまだiPadの分割ビューをサポートしていませんが、アプリはiOS 11の優れたドラッグ&ドロップ機能を利用できます。適格なソースからアフィニティフォトキャンバスに直接ドラッグしてドラッグします。緑色の円の内側に「+」が付いたら、イメージを解放してキャンバスにドロップします。

新しい文書にドラッグ&ドロップする

対象のアイテムをアフィニティフォトプロジェクトのメインエリアに直接ドラッグ&ドロップすると、インポートされた写真に基づく新しいドキュメントが作成されます。

素早くフィットするようズーム

2本指のタップを使用すると、現在のズーム位置とキャンバスに収まるサイズに行きできます。

他のツールを選択

ツールボタンの右下隅に矢印が表示されているツールは、代替ツールを備えています。これらの代替ツールにアクセスするには、最初のツールボタンを選択し、もう一度ツールボタンをタップして、利用可能なすべてのオプションを表示できます。

レイヤにアクセスする方法

レイヤーはレイヤースタジオ(レイヤースタジオ)を介してアクセスされます。レイヤースタジオは、右上隅の2番目のアイコンです。そこから新しいレイヤーを作成したり、レイヤーを再配置したり、レイヤーを切り替えたり、レイヤーを削除したりすることができます。

カラーピッカーの使い方

スポイトツールのように見えるカラーピッカーツールをタップし、キャンバス上の任意の場所をタップしてドラッグします。一度すると、キャンバス上で利用可能な色の数値を表示するルーペが表示されます。キャンバスから指を離して、現在表示されている色を選択します。

カラーホイールにアクセスする方法

カラーホイールやその他の関連するカラーツールにアクセスするには、Color Studioを開く必要があります。 Color Studioは、アプリの右上にあるLayers Studioのすぐ下にあります。カラースタジオでは、カラーの管理と調整、カラーピッカーへのアクセス、スウォッチの管理、パレットの追加などを行うことができます。

スナップを有効にする

スナップは、プロジェクトキャンバス上のアセットを素早く整列するのに役立つツールです。スナップは、左上隅の[ホーム]ボタンの横にある[ドキュメント]ボタンをタップすると有効になります。

キャンバスとアセットを回転する方法

表示ツールと同じボタン内にあるキャンバスの回転ツールを選択すると、キャンバスを回転させることができます。キャンバス上で個々のアセットを回転するには、Transform Studio内のオプションを使用するか、回転ハンドルを使用して回転を直接操作します。

数値を直接入力する

Affinity Photoには、回転量やアセットのサイズを調整するときなど、数値を挿入する必要がある領域が多数あります。このアプリは、手でこれらの値を簡単に調整できる便利なスライダーを備えていますが、値を入力するために組み込みのカスタムテンキーパッドも備えています。

直接数値入力にアクセスするには、指をドラッグする代わりに値をタップします。

テキストを追加する方法

テキストを追加するには、アートテキストツールをタップし、キャンバスをタップしてテキストの挿入ポイントを選択します。テキストを挿入する前に、指をドラッグしてテキストの寸法を設定することもできます。

フォントやサイズなどのテキストの詳細は、画面下部のインターフェイスを使用して設定できます。また、テキストスタジオを使用してテキストをさらに変更することもできます。可能であれば、より速いテキスト入力のために、Affinity Photoと共にiPad Pro Smart Keyboardを使用することをお勧めします。

文字の位置を変更する方法

テキストスタジオ内のフォントやカラーなどの基本設定を使うだけではなく、文字の配置と管理に関連する設定や、段落の間隔、位置揃えなどを使うことができます。Text Studioをタップし、テキストの配置オプションを選択します。これらには、カーニング、トラッキング、ベースライン設定などが含まれます。

フォントのインストール方法

Affinity Photoの最近のアップデートにより、クラウド経由で必要なフォントを簡単にインストールすることができます。メインライブラリページの[設定]ボタンをタップし、[フォント]タブをタップします。ここから、iCloudドライブにアクセスして、インストールするフォントを選択することができます。一旦フォントがインストールされると、すぐにドキュメント内で使用することができます。

エフェクトの追加

レイヤーFXスタジオを使用すると、シャドウ、アウトライン、ガウスブラーなどのエフェクトをキャンバスアセットに素早く追加できます。エフェクトは、各エフェクト名の横にあるスイッチで切り替えることができ、目的のエフェクトをタップすることでカスタマイズできます。

選択ペルソナを使用する

選択を行うことは、写真編集プロセスの重要な部分であり、アプリの左上隅にあるラクロスアイコンを使い、お好みのペルソナを選択することができます。セレクションペルソアでは、スマートな選択、ポリゴンとフリーハンドの選択、マーキーの選択などを実行するための完全なツールセットがユーザに提供されます。

アラインメントの使い方

Transform Studioを使用して、キャンバスオブジェクトの高度な配置設定を利用できます。 Transform Studioの下部にある[Alignment Options]リンクを使用すると、エディタはオブジェクトの配布設定とともに水平および垂直の配置にアクセスできます。

共有場所に直接エクスポートする方法

Affinity Photoの素晴らしい点の1つは、さまざまな種類のファイルにエクスポートできることです。ファイル形式にはPNG、JPEG、GIF、TIFF、PSD、PDF、EPS、SVGなどがあります。このアプリでは、ユーザーはこれらの形式をiCloudドライブにエクスポートできますが、AirDropなどの機能を利用でき、iOS共有シートを呼び出すこともできます。

まとめ

アフィニティフォトは、完璧ではないものの、iPadでは素晴らしいアプリです。その操作方法になれるまでには、しばらく時間がかかることがありますが、アプリの方法に慣れれば、ただクリックしていくだけです。

Affinity Photoはファイル管理やキーボードサポートなどの領域で改善すべき箇所がありますが、比較的簡単に修正できる領域です。

Affinity Photoの開発者は、Mac上で動く、Adobe Illustratorと同じベクター系アプリ、Affinity Designerも提供しており、アプリの発売以来、いくつかの主要なアップデートを提供している。 Serifは、エンドユーザーに注目すべき拡張機能を提供する貴重なアップデートを引き続き提供すると言えるでしょう。