Sleep ++ 3 for Apple Watchは、自動スリープトラッキング、朝スリープサマリーなどを追加

0
1119


AppleのHealthアプリは、iPhoneで睡眠追跡データをサポートしていますが、カテゴリに有用なデータを入力することは難しいです。

標準、時計アプリの就寝時間機能を使用してデータをキャプチャできますが、専用スリープトラッカーほど、信頼性は高くなく、データも精密なものではありません。Appleは1年前にBedditを買収しましたが、まだ、Apple Watchにスリープトラッキングを提供できてはいません。

Sleep ++はアップルウォッチを専用のスリープトラッカーに変えることができるサードパーティのアプリです。今日の3.0リリースでは、自動スリープトラッキングと新しい目標機能を使用することで睡眠の追跡が簡単になります。



Sleep ++ 3 for Apple Watch

以前のバージョンのスリープトラッキング機能では、スリープデータをキャプチャするためにセッションを手動で開始したり停止したりする必要がありましたが、バージョン3.0ではApple Watchを使用するだけで済みます。

これは、Sleep ++が自動的にApple Watchで消費されたカロリー、ステップ、および心拍数のようなデータを分析して、ユーザーの入力なしで、睡眠時間と品質を判断できます。 Sleep ++デベロッパーDavid Smithは、このメソッドを使用して取得したデータは、以前の手動メソッドを使用して取得したデータに匹敵するとコメントしています。

iPhoneのSleep ++はApple Watchでキャプチャされたデータを読み込んで、Sleep ++とAppleのHealthアプリの両方にデータを読み込むことができます。

Sleep ++ for iPhoneには、睡眠の目標を達成するための通知、オプションで睡眠目標、新しい就寝時のリマインダーでの睡眠時間と質の詳細な睡眠サマリーアラートなどの新しい監視機能も含まれています。