BabelPod ハードウェアで、Bluetoothオーディオとラインポイント接続がHomePodで可能に

0
245

HomePodには素晴らしいサウンドをだせますが、物理的な入力がないため、Apple MusicまたはAirPlay対応機器に限定されてしまいます。これは、従来のライン入力またはBluetooth経由でHomePodにホームステレオやその他のソースを直接接続する方法がないことを意味します。

この問題を回避するために、ソフトウェアアーキテクトのAndrew Fadenは、BabelPodというHomePod用のライン入力機器で、Bluetooth入力をHomePodで使えるようにしました!



BabelPod では、Bluetoothオーディオとラインポイント接続がHomePodで可能に

Fadenは、10ドルのRaspberry Pi Zero Wとその他の重要な部品をベースにして、Appleの最近発売されたワイヤレススピーカーの間接的なBluetoothとライン入力の両方の接続を可能にする巧妙な機器を作成しました。

また、Fadenは、ライン入力またはBluetooth接続を行い、HomePodが理解できるAirPlayストリームに変換するためのソフトウェア開発も行なっています。

BabelPodのウェブインターフェイスは、オーディオソースと宛先の両方を選択します。送信元はBluetoothまたはラインインのどちらでもかまいませんが、送信先はHomePodを含む互換性のあるAirPlay対応のデバイスを指定する必要があります。

このようなデバイスには、明らかな欠点がいくつかありますが、最も明らかなのは約40ドル相当の部品とそれをすべて動作させる技術的ノウハウが必要なことです。しかし、HomePodの利用を増やしたい人には、高くないハードルかもしれません。

もう一つの明らかな欠点は、オーディオ品質の低下と、BabelPodからのストリーミング時に発生するた約2秒の遅延です。

Faden氏は、Appleが、Appleのエコシステム外のオーディオソースをHomePodでサポートすべきだと語ります。もちろん、HomePodに補助接続を追加することは現行バージョンでは不可能であり、今後のリビジョンではその予定がありませんが、アップルは将来のiOSアップデートでオーディオアプリにSiriKitインテントを導入する予定です。