iPhoneとiPadsをクラッシュさせるブラックドット絵文字バグが発覚!

0
249

新しいUnicodeテキストのバグが、EverythingAppleProのビデオによって普及しています。これはWhatsAppに関するバグとしてAndroidで発生していたバグで、「ブラックドット」のバグと呼ばれています。

この問題は<⚫>絵文字入力で発生します。このバグは、iOSバージョンによって発生メカニズムが少し異なりますが、単純に黒いドット文字によりフリーズやクラッシュを引き起こすものではありません。



iPhoneとiPadsをクラッシュさせるブラックドット絵文字バグが発覚!

秘密は、この文字列に隠れた見えないUnicode文字が何千も含まれており、システムがその文字列を処理しようとするとCPUサイクルが狂わされフリーズやクラッシュを引き起こします。この特別に細工されたテキストがメッセージを通じて送信された場合、受信者がメッセージを読むときに繰り返しクラッシュが発生してしまいます。

テキスト処理の問題は、iOSだけでなく、他のプラットフォームにも影響します。この記事に、この問題を発生させるテキストへのリンクをコピーしようとしましたが、Macのメモリ使用量が制御不能になって30ギガバイトのスワップファイルが作成されてしまいました。

問題を再現できてはいませんが、watchOSやtvOSにも同じ欠陥が存在するのは理にかなっています。

膨大な数の見えない文字がテキスト処理エンジンを無限に回転させて文字列を処理するようになり、最終的にはより広いOSとアプリがロックされるようです。このバグは、iOS 11.3と現在のiOS 11.4ベータシードに影響します。問題が大きくなってきているため、Appleは速やかに修正をリリースする予定です。

以下のビデオでデモを見ることができます。

Appleが根本的な原因に対処するための新しいファームウェアをリリースするまでは、メッセージの詳細画面から抜け出す方法で回避する必要があります。メッセージアプリを強制終了し、3Dタッチを使用して新しいメッセージペインを開くことができます。メインメッセージリストに戻って悪意のあるスレッドを削除することができます。別のiCloud同期デバイスに移動し、メッセージをリモートで削除することもできます。

Unicodeは複雑で多様です。基本的にベンダーは、システムのパフォーマンスを保持する方法でテキストに関するすべてのバグを排除することは不可能です。仕様のショートカット、最適化、および不明瞭な部分はすべて、利用可能なベクトルを利用しています。私たちは、このようなバグを2月にTeluga文字列で体験しています。