米国では、Google アシスタントと検索でネット商品を購入ができるようになりました!

0
72


GoogleはShopping Actionという新しいプログラムを立ち上げ、ユーザーはGoogle Assistantや検索結果のショッピング広告を通じて商品を購入できるようになる。



Google アシスタントと検索でネット商品を購入ができるように

家庭用端末や携帯電話で購入したGoogle Expressのショッピングサービスは、Googleアシスタントで、支払いの認証情報を保存し、すぐに商品を購入することができるようになりました。

販売に際し、小売業者は、各商品購入から得られる利益の一部をGoogleに手数料として支払う。これは小売業者がGoogleに払う、通常の広告料とは異なる。小売業者は、販売が行われたときにのみに販売代金の一部を、手数料としてGoogleに支払う形になります。

ロイター通信によるとターゲット、ウォルマート、ホームデポ、コスコ・ホールセール、1-800-FLOWERSのような企業がこのGoogleの新しいプログラムに参加表明しているといいます。このサービスは、中級クラスの米国小売業者に開放されており、本日、正式に発表されましたが、TargetやUltaなどの小売業者は何ヶ月もテストをおこなっていました。

Googleは、過去2年間でどこで商品を購入できるか?のモバイル検索が85%増加していることをうけ、この新しいプログラムを開始したという。しかし、検索数の増加にもかかわらず、ほとんどの買い物客は、Amazonから購入することになったとアナリストらはロイターに語った。

これまでのところ、Googleは企業に対し、アマゾンと共存する形で説得をしている。

ユーザーどちらのサイトで購入するかは、配送コストとスピード、使いやすさ、および最終製品価格の差などが重要なポイントになってくるかと思います。また、ショッピングが「シームレスな体験」になるかどうかにも依存しており、Googleはこれが実現することを望んでいる。