新しいChromiumの変更により、Chrome OS Linuxアプリを簡単にアンインストール可能に

0
142

Chrome OSの最新のリリースで、Linuxアプリのサポートが追加されましたが、この機能はベータ版でさらに進化していることが判明しました。 Chrome OS Linuxアプリをアンインストールするときに、簡単と一貫性でアンインストールできる機能をしめす新しいChromiumコードの変更が発見されました。



新しいChromiumの変更により、Chrome OS Linuxアプリを簡単にアンインストール可能に

Chrome OS 69には、革新的なLinuxアプリのサポートが含まれているため、より多くのユーザーが初めてLinuxアプリの広い世界を体験できるようになりますが、初めてのユーザは、必ずしも素晴らしいユーザー体験になるとは限りません。

これらの良い例は、アプリケーションのインストールと削除にあります。現在、Chrome OS Linuxアプリをアンインストールするには、コマンドラインまたは別途インストールされたパッケージマネージャアプリケーションを使用する必要があります。 さらにChrome OSのLinuxアプリのサポートには説明書が付属しておらず、この手順は必ずしも直感的なものではありません。

Chromebookで発見された新しいChromiumのコミットによれば、Chrome OS Linuxアプリをアンインストールするプロセスは単純化されようとしています。新しい変更により、Linuxアプリは、ランチャーアイコンの右クリックメニューに「アンインストール」オプションが表示されます。これにより、Chrome OSでLauncherからAndroidアプリを直接管理できるようになりました。

これは、ほとんどの場合で優れていますが、いくつかの例外があります。デフォルトでランチャーアイコンを持たないアプリは、この変更の影響を受けません。これには、インストール後にランチャーアイコンを追加することのみを選択できるAndroid Studioなどがあります。

パッケージに関連付けられた.desktopファイルのアプリケーションは、右クリックメニューで「アンインストール」できます。

".desktop"ファイルは、Chrome OSがランチャーアイコンを作成するために借りるLinuxファイルです。 Chrome OSの問題は、Linux上で特定のアプリに必ずしも関連付けられていない独自の「.desktop」ファイルを作成できることです。この問題については、Chrome OSがアンインストールできることが確かなアプリに対してのみ「アンインストール」を表示することで問題を回避しています。