ウォルマートはロボットのハチ型ドローンの特許を検討中

0
195

ミツバチの個体数は現在、世界中で減少しており、科学者はその減少の理由として農薬の使用を指摘している。これは、昆虫が花粉を運ぶ役割を担っているため、農業にとって大きな懸念事項です。ウォルマートはこの問題を解決しようとしており、今月初めにハチ型小型ドローンの特許を申請した。



ロボットドローンミツバチは作物の受粉を助ける

3月8日、Walmartは、無人機の助けを借りて作物を受粉させるさまざまな方法とシステムを記述した特許を申請しました。殺虫剤の使用は、ミツバチのような昆虫の受粉、蟻、蝶、カブトムシ、ワタの減少の主な要因の1つと考えられています。過去、ウォルマートは農作物に、散布をする飛行機で、作物を受粉を助けようとしていましたが、うまくいっていませんでした。同社は現在、可能な解決策として、花粉検出器センサーを装備したドローンを検討しています。

ウォルマートは解決策としてドローンを検討している唯一の会社ではありません。昨年、日本の科学者チームは、ユリを交配させる無人機を開発しました。バイオカーボンエンジニアリングと呼ばれるもう一つの会社は、ドローンの助けを借りて地球の森林を再成長させ、手作業で植え付ける伝統的な方法と比較し、植え付けることのできる樹木の数を劇的に増やすことを目指しています。