Android バンパーケース比較、dbrandグリップとRhinoShield CrashGuard

0
119


昨年末、dbrandは、携帯電話のグリップを改善すると約束していましたが、やっとバンパーケースであるグリップを発表しました。グリップは、Indiegogoでグリップに出資した顧客に対し出荷を開始しました。dbrandグリップを、市場で最も人気のあるバンパーケースの1つ、RhinoShield CrashGuardと比較してみましゅう。



dbrandグリップとRhinoShield CrashGuard

フィットと仕上げ

RhinoShield CrashGuard

RhinoShield CrashGuardは、プラスチシックの一種であるカスタムポリマーから作られています。バンパーの素材にはマットな仕上げが施されており、滑らかすぎることはありません。
特徴としては、CrashGuardには "ShockSpread technology"を使用して11フィートの高さからデバイスを保護する「ハニカム構造」があります。

Heavy Duty 11ft Drop Protection High Durability Thin Lightweight Protective Bumper – Perfect w/ Skin & Wireless Charger – ブラック (黒)”]

 
 ###dbrandグリップ

グリップをユニークにしているものは、D3O素材の使用です。写真からわかるように、dbrandはケースの四隅すべてにD3O素材を配置して衝撃を吸収しています。追加されたアクセント部分を左右に付けることで、携帯電話の持ち運びに役立ちます。前面と背面の両側には、下に置いたときにパッケージ全体が滑り落ちないようになっています。内側のライニングも、デバイスを落下から保護するのに役立ちます。

dbrはD3O材料は時間の経過とともにより良くなると述べています。ケースを握る部分が徐々に手に馴染んでくると言います。

そのグリッピーな素材にはいくつかの欠点があります。多くの場合、糸くずや小さな破片、ホコリがD3O材料にくっついてしまう問題があります。

内側のD3Oライニングと外側を向くピースとの間は、炭素複合材料でできています。このフレームはグリップに剛性フレームを与えるものである。また、カーボンファイバーとプラスチックポリマーの混合物で構成されていますが、携帯電話のWi-Fi、Bluetooth、携帯電話ネットワーク、またはその他の種類の信号に干渉しません。

電源ボタンと音量ボタン

最初にグリップをPixel 2 XLに装着したとき、パワーボタンと音量ボタンの大きさに驚かされます。

RhinoShield CrashGuardでは、ボタンには大きな特徴はありません。交換可能なボタンのため、電源ボタンがちょっと浮いており、少し遊びがあるようです。音量ボタンは問題ありませんでした。

RhinoShieldのウェブサイトでは、USBとヘッドフォンジャックにアクセス可能になっているとあります。これは、I / Oの上にスロットを幅広く保ち、ほとんどすべてのアクセサリを受け入れることができるように、周辺を浅くしています。

dbrand グリップには、ヘッドフォンジャック付きの3.5mmアダプタが含まれています。

どちらのケースにも問題がないことを確認するために、USB-Cケーブルを使って、両方のバンパーケースをテストし、GoogleのOEMケーブル、OtterBox、Belkinのケーブル、Pixelbookの充電器で調べました。これらはすべて両方のケースで完璧に機能しましたが、dbrand Gripを使用している間にAnkerのPowerLine +ケーブルを完全には接続することができませんでした。

アクセサリー

dbrandはスマートフォンのスキンとして知られています。これらは、接着剤の3M素材を使用して、ユーザーがスマートフォンの外観をカスタマイズできるようにします。これらのデバイスは小さな傷からデバイスを保護しますが、携帯端末のケースを持つ人には十分な保護ではありません。

dbrand グリップでは、バンパーケースで動作する特殊カットのスキンを販売する予定です。これは、バンパーを使用して電話機を落下から保護することに加えて、スキンを使用してデバイスの背面を傷から保護できます。

一方、RhinoShieldは、独自の強化ガラスとプラスチックのスクリーンプロテクター、さらにバックスキンを備え、デバイスを保護します。残念ながら、これらのバンパーをテストしているPixel 2 XLのようなデバイスでは、バックスキンは使用できません。

さらに、CrashGuardに能力を追加したい場合は、バンパーの電源ボタンをさまざまな色のオプションのコレクションに置き換えることができます。

CrashGuardがスタイルに合っていない場合、RhinoShieldは同じ種類の素材とテクノロジーを使い、オリジナルケースを作ってもらうことができます。さらに、インサートを購入することで、RhinoShield社のさまざまなカメラレンズをケースに取り付けることができます。

よく保護し、グリップ性を向上させる方法で新しい材料を使用しています。