Uberの自己運転プロトタイプ車が、自動運転中に死亡事故!警察が調査中

0
251

アリゾナ州テンペのローカルニュースによると、Uberの自己運転プロトタイプ車がサイクリストと衝突し死亡事故につながったと報道しています。現地警察は現在調査中です。



Uberの自己運転プロトタイプが死亡事故

この事故は、ミル・アベニューとカリー・ロードの角で今朝早くに起きたと伝えられている。テンペ警察によると、自転車に乗った女性が、Uberの従業員が搭乗する、Uberの自律モード自走していたプロトタイプ自動車と横断歩道で通りを横切ったさいに衝突したといいます。

ABC15によれば、彼女は病院に搬送されましたが、怪我のため、死亡したといいます。

警察は事故を調査中で、Uberは当局に協力していると語った。また、Uberは、事故後にテストプログラムを停止しているとコメントしています。

ここにABC15からのレポートがあります

この悲劇的な事故は、自動運転 自動車に関わる最初の死亡事例になる可能性があります。

テスラのオートパイロットで、Tesla Model Sの所有者が死亡した事故は、自動運転車による最初の死亡事故としてメディアから報道されていましたが、テスラのオートパイロットはレベル2で、ドライバーが常に車両を操作する必要があるドライバーアシストシステムです。

今回の事故では、Uberは、計画された無人運転乗り継ぎサービスのための自律的試作品としてテストを行なっています。

カリフォルニアで最初にテストしたとき、カリフォルニアのDMVは、歩行者の前で赤い光を発するプロトタイプの映像を見て危険と判断し、Uberの免許不要の自動運転プログラムを禁止しました。

Uberは、車両が赤色の光を当てた時点でエンジニアによって運転されていたと主張したが、他の報告はUberの陳述と矛盾している。

彼らは、試験の大半をアリゾナに移しましたが、プロトタイプの1つが今回の事故をひきおこしています。

この悲劇的な致命的な事故は、自動運転プログラムでさらに大きな問題を残す結果となりました。