Chrome OS 65がリリース!Spectre&Meltdownパッチ、ローカルファイル検索、動画プロファイル

0
336


Chrome 65がAndroid、Mac、Windows、Linuxにリリースされてから約2週間後に、Chrome OSもリリースされました。セキュリティー面では、このアップデートは、Spectreの変種2および古いIntelデバイスのMeltdownに対して対応がされています。また、このバージョンには一般ユーザー対応とエンタープライズの変更があります。



Chrome OS 65がリリース!

12月中旬、Chrome OS 63は、カーネル3.18と4.4を搭載した新しいIntel ChromebookでMeltdownにパッチをリリースしています。カーネルページテーブル分離緩和は、バージョン65のカーネル3.14デバイスで利用できるようになりました。

今日のアップデートを適用したすべてのIntel Chrome OSデバイスには、Retpoline mitigation for Spectreバリアント2も適用されています。コンパイラベースの修正により、カーネルからユーザー、ゲストからゲスト、およびホストからゲストへの情報漏えいが防止されます。

一方、Chrome OS 65では、短い動画をプロフィールアイコンとして設定できます。 [人物]メニューの[写真を撮る]ツールを使用すると、正面カメラで通常のフレームをスナップするだけでなく、ビデオを記録することもできます。このクリップはロック画面で再生さし、ドックの右下隅に表示されます。

Launcherの検索機能は、以前はGoogleドライブやローカルデバイスのフォルダに制限された後、ローカルファイルを表示するようになりました。 Googleは、「ドライブ上でホストされているファイルに対して、ファイルアプリ内のサポートを展開する」と述べています。

Select-to-Speakアクセシビリティ機能により、ユーザーは、最高の6つのオプションでピッチをコントロールできるようになりました。ユーザーは以前、スピーチレートのカスタマイズに限られていました。

その他の変更点は次のとおりです。

  • ARC ++ WMはシャドウをリサイズして磁化を引きます
  • Chrome OSで動作するAndroidアプリのMIDI APIサポート
  • タブレット設定の詳細オプション画面
  • より正確なタイムゾーン検出のための新しい設定
  • このアップデートでは、エンタープライズユーザー向けにいくつかの新機能もあります。
  • ブラウザとデバイスの間でアカウントのサインインを維持するための企業ポリシー
  • キオスクモードで外部ディスプレイ用のミックスモード、拡張モードとミラーリングモードを同時にサポート
  • 管理対象デバイスの自動再登録
  • SAML SSOサインインでのデバイス全体の証明書のサポート
  • Chrome OS 65は、「今後数日間」にわたってすべての端末で使用できるようになります。