ローリーの警察は、容疑者を特定するためにGoogleの位置情報を要求

0
166

ノースカロライナ州ローリーで地元の警察は、Googleが特定の時間内に犯罪現場に近いGoogleアカウントに紐づくデータを提出するよう捜索令状を発行していることが判明しました。

Google Mapsのユーザーは、Googleがあなたの場所を継続的に記録していることは明らかです。GPSを無効にしても、GoogleはセルタワーやWiFiネットワークなどの他の要素を使って、特定できる仕組みを持っています。これはInbox by Gmailのような無害なアプリを含めて、AndroidかiPhoneのGoogleアプリを使用しているかどうかに関係なく当てはまります。



容疑者を特定するためにGoogleの位置情報を要求

2017年3月、ローリー警察は、未解決事件で使用された匿名化されたアカウントデータの提出をGoogleに要求した。この匿名化された情報は、単にアカウント番号と時間、場所の情報であり、個人を特定することはできません。

警察は匿名化された情報から、犯罪に関連する人物を特定できると、匿名化されていないアカウント情報も要求することができるようです。その個人情報(電話番号や生年月日など)を使用して、潜在的な犯罪者を追跡することができます。

ここでじゃ、2つの深刻な問題が表面化してます。最も明白で厄介なのは、無実の人々がこのような広いネット情報の中に巻き込まれているということです。ローリー警察は、このデータを使い火災事件の犯人を調査しています。焼けた建物は地元のバーの近くにあったため、数十〜数百の匿名のアカウントが収集され、見られている可能性が非常に高いです。

もう1つの大きな問題は、アカウント所有者へ、Googleが個人情報や位置情報など、警察に詳細を提出したとについて通知されていないことです。

各文書の最後に、Googleがデータに対する権利を争っていると述べられている。ユーザーのプライバシーはGoogleにとって大きな懸念事項であり、情報を自由に渡すことができないことがわかります。

Googleの広報担当者Aaron SteinはWRALにその旨の声明を出した。

法執行機関がユーザーのデータを要求する方法を決定する長い確立されたプロセスがあります。私たちはそれぞれのリクエストを慎重に検討し、行き過ぎている場合は常に後退します。