アナリストは、iPhone Xの需要の低さに基づいて、iPhoneの売上予測を下げる

0
211


アナリストたちは、iPhone Xの売り上げが伸び悩んでいる現状を踏まえ、2018年のiPhone販売予測を引き下げている。ロングボウ・リサーチ社の報告によれば、iPhoneの売上高が横ばいまたは下降すると予想しています。



アナリストは、iPhoneの売上予測を下げる

アップルのアジア製造サプライチェーンの情報によるとは、Apple CEOのCook氏の見解よりもはるかに暗い見通しをしている。ロングボウ・リサーチのアナリスト、ショーン・ハリソン(Shawn Harrison)とガウシア・チョウドリー(Gausia Chowdhury)によると、この期間の横ばいまたは下落している売り上げは、残りの長期間にわたって続く可能性が高いという。 「以前予想していたほどの1Q受注は得られなかった」とサプライチェーンの製造会社は、ロングボウ・リサーチに語った。

これまでの予想よりも低い売上高は、iPhone Xの高価格によって相殺されているが、ロングボウ・リサーチはそれが続くことを期待できないという。

ロングボウ・リサーチ社は今年通年の売上見通しを引き下げ、ウォール街の予想3%を下回る2%の成長と予測している。

今日の新しい報告書によれば、野村証券も同じ見解を示しており、iPhoneの年間売上高を226Mから221Mに引き下げるという。同社は今四半期の大ヒットを予想している。

野村証券のAnne Lee氏と彼女のチームは、2018年第1四半期(Appleの第2四半期)のiPhone Xの売上予測を、前回予想の1,300万〜1,800万台から800万〜1,200万台に引き下げた。 「iPhone Xの多くのコンポーネントサプライヤは、2月以降、出荷台数が非常に低く、1H18Fの利用率が低い、混在性が低い可能性がある」と野村証券の顧客に語ったという。

野村のアナリスト、ジェフリー・ケバール氏は、iPhone Xの高価格は持続可能ではないと考えています。

彼はiPhoneの「平均販売価格」を参考にして「市場はASP上昇を容認しないだろう」と述べた。

また、ジェフリー・ケバール氏は、

*「スマートフォン市場を抑制する要因の1つは価格だ。市場の弾力性が低下していることがいくつか示されています。明らかに、AppleのiPhone ASPは、FY16の645ドルから上昇した。 FY18では742ドルをモデル化しています。我々は、製品ポートフォリオの最高の終点であるiPhone Xが、売れないモデルであることが偶然であるとは考えていない」
*
と述べている。

今月初めにCitiからも別の悲観的な報告があり、CitiはiPhone Xの売上が今四半期に14M、第2四半期に7Mとなると予測している。