Googleは、ユーザーの顔認証と自動整列する電動ラップトップヒンジの特許を申請

ほとんどの企業、特にGoogle規模の企業は、デザインや製品の所有権を維持するための新しいアイデアや特許を提出しています。このため、Googleはいくつかの面白いデザインで特許を所有していますが、実際に製品に組み込まれることはなかなかありません。

しかし、Googleの新しい特許は、将来ChromebookやPixelbookに実際に想像できるものです。

この特許は、自家用車プロジェクト、Pixelスマートフォン、Pixelbookに取り組んだシニアプロダクトエンジニアであるGoogleとKen Looによって2013年に最初に提出されました。

特許自体の背後にある考え方はかなり簡単です。まず、ラップトップの蓋に触れる部分をタップする人を検出するタッチセンシティブなセクションがあります。次に、さまざまな周囲光センサーと他のカメラを使用して、ラップトップは電動ヒンジを使用してコンピューターを開きます。

しかし、さらに優れているのは、さまざまなセンサーがユーザーの顔を識別して追跡し、表示するための最良の角度までヒンジを開くということです。

以下は特許の要約です。

蓋を開位置と閉位置との間で動かすことができる電動ヒンジ構造を有するポータブルコンピュータ。蓋の動きは、複数のセンサからの入力に基づいている。 1つのセンサは、ユーザが所定の閾値距離内にあるかどうかを判定するように構成することができる。別のセンサは、ユーザがラップトップと直接接触したかどうかを検出することができる。一形態では、コンピュータは、ユーザの顔を検出し、カメラの視野内に顔を保持し、かつ/または蓋を最適な視聴位置に保つために、蓋の角度および位置を連続的に調整するように構成される画像センサを有することができる。