最高峰のドローン、DJI Inspire2のレビュー

0
318

DJIのInspireドローンは映画製作者にメガヒットしました。今までは4K撮影が可能なカメラをドローンで使用する場合は、自作する必要がありましが、DJI Inspireは、3,000ドルの価格で、プロレベルの4Kカメラ搭載ドローンに手にいれることができます。

初代DJI Inspireが登場したのは、ほぼ3年前のことでした。ドローン技術は飛躍的に進歩し、現在では500ドル以下で4Kカメラ搭載のドローンを手に入れることができます。しかし、DJIのInspireはすたれたわけではありません。 2016年後半に、DJI社は第2世代目DJI Inspire 2を発表しました。DJI Inspire 2はいまだにプロレベルで愛されているドローンとなっています。



最高峰のドローン、DJI Inspire2のレビュー

機能と仕様

いくつかの機能により、Inspire 2は他のドローンより優れた評価を受けています。

インパイア2にはいくつかの重要なメリットがあります。それは、長い飛行時間だけではなく、バ​​ッテリの誤動作から保護し、重要な部分として、カメラ、スタビライザ、センサ、プロセッサなどの補助システムに十分な電力を供給します。

Inspire 2のカメラといえば、取り外し可能で簡単にアップグレードできるZenmuseカム(だけでなく、前方に面したFPVカメラを備えているため、パイロットはドローンのZenmuseカメラを同時に監視/制御できます。

また、新たに追加された障害物回避センサーを含む、複数のサブシステム用のデュアル慣性モーションセンサー、デュアルバロメーター、専用プロセッサーも装備しています。これらの新しい追加機能は、インスパイア2を前の世代よりもはるかに信頼性、安定性、安全性に優れたものにします。

ビルドの品質とデザイン


形状の面では、インスパイア2は元のモデルから実際には大きく異なるわけではありません。それは同じツール構成、同じ格納式着陸装置システム、多かれ少なかれ同じボディスタイルを保っています。しかし、インスパイア2には、それほど変わっていないにもかかわらず、以前のバージョンよりも多機能で優れた機能を備えた小さなデザインのアップグレードがあります。

最も顕著なデザイン変更は、インスパイアの新しいFPVカメラと障害回避システムであることは間違いありません。両方のシステムは、小さな光学レンズと2つのレーザーレンジファインダーを含み、先端に取り付けられたセンサーバーに搭載されています。これはほんのわずかな変更ですが、機能面では、これらのシステムは大きなメリットをもたらします。 FPVカメラは、Zenmuse X5Sがどこに向いているかにかかわらず、パイロット(がInspireを追跡することを可能にする一方、障害回避により、無人機が自発的にクラッシュするのを防止する能力を与えます。

質は、DJIブランドから期待されるようにずば抜けています。 Inspire 2はうまく構築されています。プロップアームは、前世代のものと同じ超強炭素繊維製チューブで作られていますが、プロペラは飛行中に決してゆるくならないようにする新しいロックシステムを備えています。この無人機がクラッシュした場合、重大な被害を被る唯一のコンポーネントは、小道具とカメラだけです。

全体として、このデザインは素晴らしいです。大規模な見直しの代わりに、DJIは勝ち筋を取り、いくつかの小さな改善を行っています。

バッテリ寿命と充電時間


新しいInspireではバッテリー寿命が大幅に改善されました。元のバージョンの平均は1回の充電で約15分の飛行でしたが、Inspire 2の飛行時間は27分です。シンプルなホバーテストでは、ドローンが緊急着陸モードに入るまでの飛行時間がわずか25分に短縮されています。ドローンの多くのサブシステムを使用した通常の飛行試験では、飛行時間は平均約23分です。他のドローンと同様に、より多くの処理能力(障害回避、アクティブトラックなど)を使用すると、対応する飛行時間の低下が見込まれます。

充電時間については、バッテリーが最大容量に達するまでに、充電器で約1時間です。ホバリングテスト(バッテリーを10%まで稼働させ、DJIの自動緊急着陸シーケンスを促した)の後、バッテリーは100%まで充電するのに約1時間20分かかったが、ほとんどの場合、最初の「低電力警告」がポップアップした直後に、充電すると約1時間になります

長い充電時間は特別なものではありませんが、素晴らしい点は、DJIの新しい充電器ドックです。これは一度に最大4つのバッテリーを収容できるように設計されており、同時に充電できます。バッテリがペアになっていない場合、ハブは高いレベルから低いレベルの電力レベルに従ってセルをインテリジェントに充電します。バッテリーがペアになっている場合は、より多くのバッテリーが充電されます。これにより、空中にすばやく戻り、バッテリーが充電されるのを待つ必要が無くなります。

フライトパフォーマンス

空中では、インスパイア2は王者といえるパフォーマンスです。それは、今までレビューしてきたどのドローンよりも大きく、驚くほど安定し、信頼性が高い飛行をします。 PhantomとMavic Proの小規模なモデルよりもかなり重いという事実にもかかわらず、すばやく素早い動きをします。加速は、重量と慣性で少し遅くなります。しかし、速度が上がると、他のすべてのドローンを凌駕するスピードとなります。

インスパイア2は以前のバージョンより、はるかに信頼性が高く、安定し、安全に飛ぶことができます。
DJIはInspire 2の最高速度を時速58マイルと評価していますが、風向きが良いと60以上だすことがきます。これは、たとえば車のように、すばやく動くものを撮影するときに特に便利です。Inspireの障害物回避能力を使用する必要がある場合、最高速度は1時間あたり45マイルに制限されます。それでも、センサー支援飛行でもはかなり速いです。

インスパイアはスマートなパイロット機能を誇っています。インスパイア2には、DJIのインテリジェントフライトモード(TapFly、Waypoint、Point of Interest、Active Trackなど)の他に、DJIの新しいSpotlight Proモードが装備されています。

Spotlight Proは、Inspire 2の飛行方向にかかわらず、飛行中にDJIのビジュアルトラッキングアルゴリズムを使用して被写体をロックすることで、専用のカメラオペレータが必要となるショットをキャプチャできるようにします。ジンバルが回転限界に近づくと、Inspire 2自体がフライトコントロールに影響を与えずに同じ方向に回転するか、またはキャプチャされたショットがジンバルの動きを自由にします。言い換えれば、動く被写体の周りを円で飛ぶことができ、無人機の回転にかかわらず、カメラはその上で飛行を続けます。

カメラとアクセサリー

Inspire 2にはカメラが付属していませんが、DJIのZenmuseラインのカメラを使用できるように設計されています。

機能面では、X5Sは前の世代であるZenmuse X4SおよびX5Rから大きく前進しています。最も顕著なのは、より大きなセンサーを搭載したことです。 3.4ミクロンのピクセルサイズで、20.8メガピクセルのセンサーは、以前の世代よりも詳細をキャプチャすることができ、さらに優れた色感度と高い信号対ノイズ比を備えています。解像度に関しては、毎秒30フレーム、60フレーム/秒で5.2Kで撮影することができ、720pまで下げることができます。

また、18mmから90mmの範囲の8種類のレンズの間を交換することもできます。これにより、より創造的な自由度を得られ、撮影しようとしているショットに最適なレンズを選ぶことができます。もちろん、これらのレンズはストックX5Sパッケージには含まれていないので、余分な費用を払わなければなりません。

オプションについて言えば、DJIは、X5Sの映像を保存するために特別に設計された専用の480GBのソリッドステートドライブや、より速く、より触感的なコントロールを提供する長距離のフォーカスコントロールリモコンなど、カメラシステム用の素晴らしいアクセサリを提供しています。インスパイア2は、映画制作における高度な柔軟性を提供します。あなたがアマチュアであろうとプロであろうと、このプラットフォームには仕事を遂行するために必要なギアが提供されています。

まとめ

インスパイア2は、間違いなく、私たちが今まで飛行機の喜びを得ていた最高のドローンの1つです。スペックと機能は最上位ですが、この無人機を特別なものにするのは、その信頼性です。通常、3,000ドルの無人機を3,000ドルのカメラと一緒に飛ばすと、神経をすり減らされる経験になるでしょう。それは空気中で不安定な状態でぶら下がっていることが相当なストレスになるためにです。しかし、DJIはInspire 2を使うと、その不安から解消されます。このドローンを購入すれば、ハイエンドのシネマクワッドを手に入れるだけでなく、ドローンが誤動作から保護されて、安定して飛行するすることに対する安心感を十分にかうことができます。