Fitbitは、バックエンドをGoogle Cloudのに切り替え、Healthcare APIを提携

0
158


Google CloudとFitbitは、Google Cloudサーバーを使ってデータを保存する新しいコラボレーションを発表しました。 Fitbitは、インフラストラクチャーのバックエンドを変えるだけでなく、データのコラボレーションをより良くするために、別のGoogle Cloud for Healthcareサービスを利用しています。



Fitbitは、バックエンドをGoogle Cloudのに切り替え、Healthcare APIを提携

Googleにとって、この動きはクラウド部門で嬉しい動きになります。プレスリリースによると、フィットネストラッカーからのデータを保存するためにGoogle Cloud Platformを使用すれば、Fitbitは「より速くスケールする」ことができます。

この動きにより、FitbitはGoogle Cloudのインフラストラクチャと高度なセキュリティ機能を活用してFitbit Health Solutionsビジネスを加速し、消費者データ保護に対するFitbitのコミットメントを維持しながら、人口の健康分析をさらに深める事ができます。。

機械学習は、Google Cloudと競合製品の利点の1つとして、FitbitがAI、機械学習、新しい予測分析アルゴリズムを活用して「より多くの意味のあるデータと洞察を消費者にもたらせる」といいます。

一方、FitbitはCloud Healthcare APIを活用して、トラッカーデータを病院や他の診療所の電子カルテとの統合を支援しています。これにより、クラウド内の分析や機械学習にデータを利用できるようになります。

FitbitデータとEMRを組み合わせることで、患者や臨床医に患者のプロファイルをより包括的に提供することができ、よりパーソナライズされたケアにつながります。

FitbitとGoogleは糖尿病や高血圧などの慢性疾患の管理にも協力しています。