「非使用のAppを取り除く」をオフにして、アプリがiPhoneから消えないようにする方法

0
2235

iPhoneやiPadから、突然、なぜかアプリがきえてしまった経験をしたことがありませんか? 使用していないアプリをiOSデバイスから自動的にオフロードする新機能が実はあります、この機能をオフにする方法について、今回、ご紹介したいと思います。

AppleはiOS 11で、「非使用のAppを取り除く」機能を導入しており、限られたiPhoneストレージを持つユーザーの容量不足を防ぐ対策をしています。一般的には、便利な機能の追加ですが、それが偶然に、知らず知らずのうちに、適応されてしまい、逆に迷惑になってしまう可能性もあります。



「非使用のAppを取り除く」をオフにして、アプリがiPhoneから消えないようにする方法

この機能はデフォルトではオフになっているようですが、一部のユーザーでは、手動で設定しなくてもオンになっていることがあるようです。この機能を使用すると、アプリは削除されますが、ホーム画面からアイコは削除されません。アイコンの名前の横に雲のアイコンが表示され、アプリが削除されたことがわかるようになっています。

iOSデバイスのストレージスペースが不足しているときにiOS 11がこの機能を自動的に有効にしてしまう可能性があります。しかし、今のところ正式なAppleサポート文書はないようです。

この機能がオンになっているかどうか、またオフにする方法は次のとおりです。

  1. 設定に進む
  2. 下にスワイプしてiTunes&App Storeをタップ
  3. 必要に応じて下にスワイプし、「非使用のAppを取り除く」を探します
  4. すべてのアプリを永続的に保つには、この機能をオフにします

「非使用のAppを取り除く」の機能の説明は次のとおりです。

未使用のアプリケーションを自動的に削除しますが、アプリ内のドキュメントとデータを保持します。アプリを再インストールすると、データが復元します。